2011年09月19日

シャチショー事故のその後

2011年9月18日 − フロリダ州オーランド


オーランドにあるシーワールドが federal job safety agency (米国安全労働機関)から、 $75,000 (約576万円)の罰金を求めて訴えられた。


2010年2月24日事件は起きた。


Dawn Brancheau さんがシャチショーのパフォーマンスを終えた後、ステージにひざまずいて Tilikum という名のシャチに近づいてコミュニケーションをとろうとしたところ、このシャチがドーンさんのポニーテールを突如口にくわえ、水中にドーンさんを引きずり込んだのだ。


シャチは、水中に引きずり込んだドーンさんを激しく振り回し一向に離そうとしない。結局、ドーンさんは外傷を追った上、水死してしまった。。。しょぼん


それから1年半。


訴えられたのは3つの理由から。


1つ目。従業員が溺れ死ぬ危険性を放置したこと、およびトレーナーがシャチと触れ合う際の保護策がとられてなかったため、従業員が攻撃される可能性を放置したこと。



2つ目。シャチショーが行われた会場のステージ上に柵を設けなかったこと。ステージ上で柵のない部分周辺の水深は、約3メートルもあったという。


3つ目。全天候型の外部コンセントがシャチショーの会場に備わっていなかったこと。



3つ目の関連性がいまいちわからんけど、まぁ、とにかく安全性の改善を求めて訴えられ、安全性にかけていたから罰金を払いなさいってことですな。



ちなみにこのシャチ、1991年にカナダのマリーンパークでもやっぱりトレーナーを殺した過去をもつ。叫び



シャチは英語で killer whale (=殺人クジラ)といわれ、この問題のシャチは6トンの大きさ。



奴らが本気になったら人間なんてひとたまりもないよね。でも、丸呑みにされたり、かみ殺されたんじゃないあたり、案外シャチとしては一緒に水の中で遊んでいるつもりだったのかも。。。。



参考:Foxnews





posted by おうちマン at 07:26| Comment(0) | 訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

リノの航空ショーでの事故

2011年9月17日 − ネバダ州リノ


昨日の午後、ネバダ州のリノで行われていた航空ショー(飛行機同士がレースをする形式だったよう)で、1機が墜落地面に激突してこっぱ微塵になってしまった。



日本のニュースでも流れていたけれど、その後事故から1日経って、死亡者は3人から9人に。54人が負傷して病院で手当を受けている。



事故の原因は現在でも調査中らしいけど、航空ショー前に行われたインタビューなどから、もしかしてここが問題だったのでは??という箇所がでてきたらしい。



まず事故がおきたときの状況は、、、



7機によるレースで、墜落した飛行機は3位から2位にあがろうとしているときに、突然機体が急上昇し、回転した上、先頭から地面にまっさかさまに突っ込んで、こっぱ微塵になってしまった。


Youtube にはビデオがアップされている

http://www.youtube.com/watch?v=bYGk3f1vzC8&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=0AREoDdosyQ



この機体は、第2次世界大戦時代の戦闘機を改造したもの。パイロットは74歳のおじいちゃん。

飛行機もやっぱり70年モノ。



この機体は約40年前に胴体着陸事故を起こしたものの、それ以外は大きな問題もなく、使われてきたらしい。



ところが、今年の航空ショー前に小さなエンジンでも速度を上げられるように大々的な変更を行ったと、この74歳のパイロットは言っていたそうだ。



バランスをコントロールするために使用される主翼の後ろ部分である補助翼の長さを60インチ(152.4cm)から、なんと32インチ(81.3cm)に短くしたというのだ。



しろうとだから、飛行機のこと何にも知らないけど、え〜〜〜〜こんなに短くしていいの!?とちょっとびっくり。



専門家の意見によると、機体後部にある「トリムタブ」と呼ばれる部分が落ちてしまい、それによって機体が急上昇後、墜落したらしい。



亡くなったパイロットのリーワードさんは、この飛行機の改造に自信を持っており、レースでも優勝を狙っていたそうだけど、長年のパイロット人生の締めが、観客を巻き込んでの激突死なんていたたまれない。。。。



参考:Foxnews

posted by おうちマン at 13:07| Comment(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

死んだ友達と夜の街へ繰り出そう!

2011年9月17日 − コロラド州デンバー


43歳のRobert Young と 25歳の Mark Rubinson が、友達である Jeffrey Jarrett (27歳)の家に遊びに行ったのは8月27日夜のこと。


家につくと、ジェフリーは倒れていたそうな。呼びかけにも反応しなかったそうなので、すでにこのとき死んでいたと思われるが、このロバートとマークは警察を呼ぶどころか、とんでもないことを。。。



なんと死んでいるジェフリーを、マークの車に乗せ、夜の街へ繰り出したのだ。車



まず行ったのは、地元の飲み屋。そこで、ジェフリーの「おごり」でひとしきりのみ、続いて別の飲み屋へ。

(この時点ではたぶんジェフリーの持っていた現金で飲んでいたと思われる)



そして、シメにはATMへ立ち寄り、ジェフリーの銀行口座からお金を引き出した。



ここまでやって、ようやく帰路に着くわけだが、帰り道にパトロール中の警察官がいたので呼び止め、「あの〜、友達が家で死んでたんですけど〜〜」と間抜けな報告。



このおばかな二人は、ジェフリーの殺人罪には問われてないけど、死体侮辱罪などの複数の罪にとらわれて逮捕されてしまった。(ニュースにはなかったけど、ATMでお金を出しているんだから、きっと窃盗罪も含まれるね)。


っていうか、そもそも思いっきり飲酒運転だし! 飲酒運転なのに自ら警察官を呼び止めるなんて、ほんとバカ。。。



27歳の若さで死んじゃったジェフリーの死因はまだ不明のまま。。。



でも、正直3バカトリオだったのでは??という気がしなくもない。



なんだって、車で死体を持ち運んで一緒に飲みに行かなきゃならないのか、さっぱりわからん。あ、ジェフリーは店には入ってないと思うけどね(当然か)。



参考:foxnews


posted by おうちマン at 02:33| Comment(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。