2011年09月09日

神隠しの正体

2011年9月8日 − カリフォルニア州モントレー


日本でもわずか数十秒目離したすきに子供が行方不明になったとか、自宅のベッドで就寝中に真ん中に寝ていた子供だけがいなくなってしまったとか、忽然と姿が消えてしまう行方不明事件がたくさんありますよね。


今回はアメリカ版神隠し事件が28年ぶりに進展を見せたニュースをご紹介。


時は、1983年1月24日。当時20歳で学生だったJennifer Lynn Morris さん。ショッピングセンター内のデパートにお買い物に行ったのを最後に行方不明に。


警察に捜索願がだされ、行方不明になった周囲を警察は捜索したものの、見つかったのはショッピングセンターの駐車場に残された彼女の車のみ。


お父さんは仕事を休職し、自ら娘を探し回ったものの、どこを探しても見つからず、あまりのショックで結局復職もできないまま。。。娘の安否を気遣いながらも父母ともにすでにこの世を去っている。


行方不明となった Jennifer さんには家出する理由も見当たらず、警察では事件性が疑われたものの、確たる証拠もないので、結局は行方不明者としてその後の捜査は行われなかった。



それから、28年が経過した今年。測量技師が28年前の現場付近を測量していた際、木や草が生い茂る中に人骨を発見!!しかも殺人に使用されたと見られるアイテムまで一緒に発見されたのだ。


今回の発見で、警察は行方不明事件から改め、殺人事件とし、最新技術を用いて証拠の採集や捜査を進めていくという。


ご両親がすでに亡くなっているものの、兄弟がいたのでこの兄弟には知らせがいったとのこと。



28年たって捜査が開始されることになるとは。。。でもよく見つかったなって思います。


神隠しとか行方不明事件って何が起きたのか、どこへ行ってしまったのかがわからないのが一番つらいと思うので、そういう意味では被害者が発見されて本当によかったと思います。28年も経ってると、ひょっとして犯人ももうこの世にはいないんじゃ、、、とか思うけど、これで犯人が捕まったら奇跡ですね。



でも探しモノってどうして探しているときには見つからないんだろう。。。



参考:ktvu.com




posted by おうちマン at 03:47| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。