2011年09月14日

おデブちゃんのあきれた言い分

2011年9月13日 − ニューヨーク州


アメリカ東海岸を中心に展開するファーストフードチェーン「White Castle」が訴えられたそうな。



なんで訴えられたかって?



店内にあるボックス席が小さすぎるので、太っている人の人権を侵害している!もっと快適に座れるように大きくするべきだ!!と訴えられたのデス。




訴えたのはお客さん。この人、ニューヨーク州に住む株式仲買人で64歳のMartin Kessmanさん。訴えた内容だけでなく、その年齢にもちょっと驚いた、。64歳っていったらなんかもうねぇ。。。。分別がある年では!?みたいな。ガーン



彼の体重は貫禄の131キロ。肥満大国アメリカでは、まぁ太ってはいるけど、振り返るほどではないはず(実際に彼を見たわけではないので推測だけど)。マジ、こっちの人はんぱないからね。あせる



こんな体重の彼だが、他のファーストフードでは余裕で座れるし、飛行機だって問題なく座れるんだ、とレポーターに言ったとか。ほ、ほんとか・・・? 飛行機の座席は・・・あやしいけどなぁ。おしりが案外小さいのか??



マーティンさんはかれこれ2年前からこのWhite Castleに書面で、ボックス席を大きくしてくれとお願いしてきたそうな。なんでも、2年前にボックス席にむりやり座ろうとして怪我をしちゃったとか。



お店側も黙っていたわけではなく、3度手紙が送られてきて、ボックス席を大きくすると約束してくれたらしい。おまけにその手紙にはハンバーガー3個無料クーポンまで入れてくれるという結構親切な対応。



マーティンさんはその言葉を信じ、2年待ったが、まったくボックス席が改善される様子はないので、今回訴えたということらしい。



彼の言い分としては 「Americans with Disabilities Act (米国障害者法)は、自分にだけでなく、妊婦さんや、障害を持つ人にも適用されるんだ」、「自分はただ普通の人のように座りたいだけなんだ」ということらしいんだけど、正直、この言い分(米国障害者法が適用される、、、のくだり)、さっぱり意味わからんっす。肥満にも適用されるのか??



ちなみに white castle のメニューはこちら ⇒ http://www.whitecastle.com/food/menu



「Sack Meal 1」っていうのがいわゆるベーシックメニューらしいが。ハンバーガーが4個って・・・。あ、でも1個の大きさは普通のハンバーガーの半分か1/3くらいと思われるけど(スライダーとか呼ばれてて、最近人気かも。)。でもいくら1つ1つは小さくても4つ食べてたら、、、、そりゃー太りまっせ!にひひにひひ



ボックス席が大きくなるのを待っていた2年間にダイエットしてたら、今頃快適に座って食事をたのしんでいたのでは!?とか思っちゃうんですけど。  訴えるには弁護士費用もかかるだろうしねぇ。。。





太っている自分は悪くない。悪いのは太っている人が座れないようなボックス席を設置している店側だ!!ってものすごいいちゃもんつけるよね。 果たして彼は勝つのでしょうか。。。




やっぱここは訴訟大国アメリカ。。。ガーン


でも人間努力(=やせる努力)と、時にはあきらめ(=ボックス席に座ろうとしない)も必要だと思うんだけどなぁ。



参考:CBSNews

posted by おうちマン at 13:32| Comment(0) | 訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。