2011年09月26日

強盗事件で懲役270年!

2011年9月25日 − フロリダ州パームビーチ

19歳のRamon Rosarioが、恐喝、恐喝共謀、銃器による住居侵入と窃盗、銃器を用いた誘拐、銃器による住居侵入と窃盗の共謀など、15の容疑で逮捕された。


レイモン容疑者は容疑事実をすべて認め、その判決が木曜日に出たらしいのだが、その判決内容にびっくり。


なんと、懲役270年!!


2010年の春から秋にかけて、仲間たちと共にこれらの犯罪を連続して起こしたらしい。悪質な点は、彼らがわざと人がいる家を選んで、犯罪を繰り返していたこと。


家に人がいれば、拳銃で脅かして、お金や貴金属など、金目のもののありかを速やかに把握できるから、というのが彼らの主張。


殺人が含まれていないこのケースでこれだけの量刑が科されたのは、人々を恐怖に陥れたやり方が重要視され、二度とシャバに戻れないようにしたため、とのこと。


う〜〜ん、厳しいですねぇ。アメリカでは量刑を受けた場合、仮釈放つきか否かでも差があるんだけど、これだけの量刑だと、たとえ仮釈放つきであったとしても、仮釈放審査対象になる前に彼は死んでるはず。。。。


まだ19歳なのに。これらの犯罪をおかしたときは18歳ってことですよねぇ。。。


「若気の至り」であることは間違いないんだろうけど。


これから一生刑務所ということは、まだ19歳の彼をこれから一生税金で養っていくっていうことですからねぇ。。。


日本でもし18歳の少年が同じ事件を起こしたとしたら、懲役270年という判決なんてまず出ないですよね。


これは、フロリダでのケースだけど、カリフォルニア州ではもう刑務所がいっぱいで、懲役刑の年数の少ない軽犯罪者を満期前に仮釈放させたりしているようです。。。そ、それも考えると恐ろしい〜〜。たらーっ(汗)




参考:PalmBeachPost





posted by おうちマン at 06:59| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。