2011年09月28日

忘れられない凶悪事件

2011年9月27日 − コネチカット州チェシャー


正確な日付は覚えてないけど、3、4年くらい前の秋だったと思う。歯医者さんにおいてある週刊誌を何気なく手に取り、ぱらぱらと見ていたときのこと。


コネチカット州で起きた凶悪犯罪のレポートが目に付いた。


当時子育てに追われていた私はニュースをあまり見ていなかったので、その事件は初耳だった。


どんな事件かというと、、、


コネチカット州に住む裕福なお医者さん一家が被害にあった事件。刑務所を出所したばかりの男二人が、ベンツに乗って買い物に来ていた若い女の子二人に気がついた。


男たちは、この彼女たちをいいところのお嬢様に違いないとふみ、後をつけて彼女たちの家までやってきた。そして、その家に忍び込んだのだ。


この家の住人は、医師である旦那(William)、奥さん(Jennifer)、17歳の長女(Hayley)、11歳の次女(Michaela)の4人。


この男たちはまずウィリアムさんを棒でめった打ちにし、縛り上げた。その後、犯人の1人 Steven Hayes は銀行口座からお金を下ろさせるため、ジェニファーさんを連れて銀行へ。


その間、もう1人の犯人 Joshua Komisarjevsky は、なんと11歳の次女ミケーラちゃんをレイプし、それを携帯で写真に取った。写真を撮った理由は、銀行でジェニファーさんが行員に助けを求めるなど、怪しい行動を起こしたときに、脅すため。


そして、銀行からお金を下ろさせることに成功した犯人と奥さんは自宅へ戻る。。。そこで待っていたのは、地獄だった。。。


奥さんのジェニファーさんはレイプされた後、首を絞めて殺されてしまった。。。


長女のヘイリーさんはベッドに縛り付けられ、次女のミケーラちゃんはレイプされた上、やはりベッドに縛り付けられた。


そして犯人はガソリンをまいた上、火を付けて逃走。。。。


旦那はどうにか縄を解いて、脱出に成功。隣家に助けを求めに走った。


だが、奥さんは既に扼殺され、娘二人は焼死。。。


すぐに犯人は捕まったのだが、この記事を雑誌で読んで驚愕した。こんなひどいことが起こってたなんて。。。


でも、もう数年前のことだし、犯人も早々につかまったので、もうこの事件のことを耳にすることはないと思っていた。


ところが、今日のニュースでこの事件が取り上げられたのだ。


犯人の1人 Joshua Komisarjevsky の裁判が8日前の9月19日に始まり、今日は法廷で娘さんたちを縛り上げるのに使ったロープや焼け焦げたガソリンタンクなどの証拠が陪審員に提示されたというもの。


もう1人の犯人の裁判は既に終わっており、Hayes は既に死刑判決を受けていることも合わせて報じられていた。


歯医者さんで何気に見ていた雑誌の中の記事に、こんな残酷なことが起こるものかと、この事件はずっと私の記憶の中に残っていた。そして、今日数年ぶりにまたこのニュースに触れ、正直むっちゃ驚いた。事件から4年も経って、今頃裁判が始まるのかと。


歯医者さんで記事を読んだ後、どうして奥さんは銀行で死に物狂いで助けを求めなかったのか。。。と感じた。きっとその場では、お金さえ渡せば犯人は逃げるだろうという希望的観測があったのだろうが、あそこで大声を出して大暴れでもしていれば、その後の悲劇は起きなかったのではないかと思うのだ。


ベンツのような高級車を17歳の若い娘が11歳の妹を連れて買い物に来れば、それは目立つだろう。。。お医者さんでお金があって、ベンツは当たり前だったのかもしれないけど、、、、


とにかく忘れられない事件です。。。


二人目の犯人の裁判は4日前に始まったばかり。11歳でレイプされて、焼き殺されたミケーラちゃんのことを思うと、死刑になることを望んでしまう私がいます。



参考:people magazine, Fox news


posted by おうちマン at 13:12| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。