2011年10月01日

ヤヌスの猫

2011年9月30日 − マサチューセッツ州ワーチェスター

12年前、大学付属の動物病院に連れ込まれた1匹の猫がいた。


連れ込んだのは猫のブリーダー。生まれた猫をもてあまして連れてきたのだった。なんでもてあましたかって?


それは、その猫が、2つの顔を持つ猫だったから!


顔が2つ、口も二つ、目は3つあった。ぱっと見、毛がもしゃもしゃのかわいい猫だけど、よく見るとまぁびっくり。目

cat.jpg
copyright.jpg

そのままだったら安楽死への道をたどることになってたこの猫、ラッキーなことに当時この動物病院で働いていた女性に飼われることになった。


そして、この9月にめでたく12歳を向かえ、2つの顔を持つ猫の最長寿記録としてギネスブックに載ることになったのだ。


ニュース映像で見ると、とってもフレンドリーで毛づやもよく、大切にされているのがわかる。オーナーの女性もとってもいい人そう。いい人にもらわれてよかったねぇ。


映像はこちらから見られます。


ちなみに、2つの顔を持つ猫のことを、2つの顔を持つローマ時代の神様にちなんで、Janus cats っていうんだって。 


日本語でいうと、Janus は ヤヌス なんだそうだ。


むかーし日本で「ヤヌスの鏡」ってドラマがやってたんだけど、今日のニュース記事で「ヤヌス」の意味がはじめてわかったよ〜〜〜。

(いや、今思い返してみると、ドラマの主題歌の最初になんか説明があったような。。。でも遠い昔のことなので記憶が定かではない。。。)


何はともあれ、この猫ちゃん、引き続き幸せな猫人生を全うしてもらいたいものです。


参考:Foxnews






posted by おうちマン at 14:20| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。