2011年11月28日

オンライン広告でおびきだし。。

コミュニティ情報(売ります、買います、探していますなどの情報)を、ユーザーが無料でオンラインに投稿できる Claigs list というサイトがあります。


最初はサンフランシスコ周辺の情報をやり取りするのに使用されていたようですが、無料で広告が気軽に掲載できるとあって、その需要は伸び続け、現在では都市別に300ものクレイグスリストが存在するとか。


私も過去に不要な赤ちゃんグッズを売ったり、アパートを探したり、といろいろお世話になってきたサイトです。


今日のニュースは、このクレイグスリストがらみの事件。


場所はオハイオ州コロンバス。


47歳の Timothy Kern さんは、クレイグスリストである広告に目をとめた。それは、農場労働者を募る広告で、ティモシーさんによると「ちょっと変だけど割がいい」仕事の募集だったとのこと。


ティモシーさんはこの広告主に連絡を取り、この人物に会うためにアクロンという地に向けて出発したのを最後に行方不明となってしまった。彼が消息を絶ったのは11月13日。


ティモシーさんが行方不明になって1週間ちょっとたった11月25日。地中浅く埋められたティモシーさんの遺体が発見された。。。


司法解剖の結果、ティモシーさんの死因は頭部への銃撃とのこと。


そして、その数時間後には、オハイオ州の南東部で別の遺体が発見されたとの情報が!


これとは別に、ティモシーさんと同じ広告に応募した 51歳の David Pauley さんも既に遺体が発見されている。


わかっているだけで死者3名。


このほかにも、同じくこの広告によっておびきだされ、拳銃で撃たれたものの、からくも逃げ出すことに成功した男性がいることがわかっている。


この男性(=生き証人)が撃たれたのは11月6日とのことなので、短期間の間に、少なくとも4人の人がこの広告におびきだされ、うち3人が殺されてしまったのだ。


広告を出し、被害者をおびきだした犯人の目的は、強盗。


警察の捜査により、すでに容疑者は拘束されている模様。容疑者は二人なのだが、一人はなんと高校生。


この高校生は殺人未遂罪で拘束されているそうだ。


そしてもう一人の容疑者は、52歳の Richard Beasley。 この容疑者は今のところ、本件とは無関係の容疑で拘束されているとか。


警察は証拠固めをしている段階ということでしょう。


容疑者リチャードの母親はマスコミのインタビューに答え、「あの子は心の優しい子で。。。容疑者って言われているけど、きっとそんなはずないわ」と言っていたとか。


52歳の容疑者の母親ということは、かなり高齢なはず。年をとっても母は母。子供を思う心に変わりはないわけで。。。


親の心子知らず、とはよく言ったものです。


クレイグスリストを使った犯罪はこれまでにもかなりありましたが、誰でも使えるオンラインコミュニティサイトなので、誰でもこうした事件に巻き込まれる可能性はあるわけです。


うまい話にゃ裏がある、ものなんですね。それにしても、殺さなくっても。。。って思っちゃいます。





posted by おうちマン at 07:25| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

催涙スプレー犯人が自首

昨日ご紹介した、ウォールマートでの催涙スプレー噴射事件の犯人が、自首してきました。


ところが、この犯人自首してきたくせに黙秘権を行使。事件の詳細を語ろうとしないので、警察は彼女をいったん釈放。


彼女がしゃべらないので、警察としては誤認逮捕を防ぐため、目撃者から事情を聴いて、捜査を進めたうえで、改めて逮捕ということになるらしい。


そんなもんなんですね〜〜〜。自首してきたらすぐ拘留されるのかと思ってました。


この事件以外にも、別のウォールマートで事件が発生。こちらの舞台はサンフランシスコ郊外のサンレアンドロ(うちから車で30分くらいかな)。


ウォールマートでお買い物を済ませた家族が、自分たちの車に戻る途中、数人の男たちに囲まれたのです。


男たちは、家族が買ってきたばかりの品物をよこせと要求。それを断ったところ、男たちとこの家族はもみ合いとなり、男たちの1人が拳銃を出して発砲したのです!!


撃たれた被害者は、重体ではあるものの、容態は一応安定しているそうです。


こういっては何ですが、ウォールマートはディスカウントストアとしてかなり庶民的なお店なので、集まる客層にもある程度傾向はあるような気がします。。。(明言は避けますが)。


私がブラックフライデイにウォールマートに行くことは今後もないだろうな〜〜〜。(自分が金持ちだとかそういうことではなく、こういう事件があったと聞くと、わざわざブラックフライデイに行くこともないかな、、、と)


posted by おうちマン at 07:49| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

ブラックフライデイ

アメリカは、木曜日が感謝祭(サンクスギビングデイ)でした。

その昔、アメリカにわたってきたヨーロッパ人が食べ物の収穫を感謝して、お祝いしたのが始まりらしい。


私は日本人なので、別にターキー(七面鳥)を食べなくてもいいんだけど、アメリカ人である旦那にとってはやはり大切な行事らしく、二人でせっせとターキーやらなんやらを何時間もかけて作りました。


そして、次の日はブラックフライデイ!


アメリカに来るまでブラックフライデイなんて聞いたこともなかったんだけど、感謝祭の翌日に始まるクリスマス商戦の初日のことです。


感謝祭が毎年木曜日なので、次の日は必然的に金曜日。そして、たくさんの人が買い物をするからお店が黒字になる、ということで「ブラックフライデイ」と呼ばれるらしい。


読んで字のごとし、ってことですね。


今年は、多くのお店が夜中12時に開店。トイザラスに至っては、感謝祭当日の夜9時に開店という、もはや「ブラックサーズデイ」でした。


午後9時の開店に合わせてトイザラスに到着すると、、、そこは人の山!お店を取り囲んでぐるり〜〜と行列が!!待っていた人数は数百人!!

こんなに混んでいるとはまったく予想しなかった私たち(私、娘、日本から遊びに来ている母)は、もろ出遅れました。。。。


結局店内に入るまで40分。店内に入っても、ビデオゲームのセクション(DSとかWii)に入るためにはまた行列に並ばなきゃいけないという、、、


もちろんお会計にも数十分並びましたとさ。。。


そんなブラックフライデイには、全米のあちこちで事件が勃発!


前置きがむっちゃ長くなりましたが、今日はブラックフライデイに起きたニュースをご紹介〜〜。


事件の舞台はロサンゼルスのウォールマート。時間は感謝祭当日の夜10時20分頃。


Xbox 360 のカバーを店員がはずし始めたとき、子連れの女が突然ペッパースプレー(護身用の催涙スプレー)を、周りの客に向かってシュ〜〜〜!!!と吹きかけまくったのだ。


突然のペッパースプレー攻撃に、20人ほどの客がやられ、その場で悶絶(そのうち数人は急に人波が動いたことによって怪我をした模様)。


その騒ぎに乗じ、女はのうのうと現場を去ってしまった。


(もちろん、お目当ての Xbox 360 をゲットしたと思われる)


いや〜〜、自分の子供の目の前でそんなことをしちゃうなんて。。。


確かウォールマートでは、数年前に、ブラックフライデイの開店時にどっと店内に流れ込んだ客が将棋倒しになって、死者がでたはず。。。。


整理券制にするとか、すればいいのになぁ。って思うけど、昨日のトイザラスの客数を見た後の私としては、整理券なんて配る人手もたりないし、えらい効率が悪くなっちゃうんだろうなぁって思います。


年々、ブラックフライデイは過熱化していて、開店時間も早まっているので、今後もこうしたクレイジーな事件は起きるんだろうなぁ。。。


でも、こういうときって、ついつい買いすぎちゃうんですよねぇ。雰囲気にのまれちゃって。


あ、この事件の加害者である女は現在監視カメラの映像を分析して、追跡中だそうです。


買ったと思われるアイテムがわかっているから、クレジットカードで買った場合なら、案外すぐに足がつきそうですね。









posted by おうちマン at 05:18| Comment(2) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。