2011年11月21日

偽医者がボトックスの代わりにセメントを!

フロリダ州マイアミ


ナイトクラブで働きたいな〜と思っていた女性がいた。彼女は女らしい体つきに憧れており、安いお値段でそれを実現してくれる整形がないかしら?と探していたそうな。


そんな折り、友人から安価でボトックスを打ってくれるという女医を紹介された。


彼女は700ドルを支払って、ボトックスを数本打ってくれるという契約をこの医者と結んだそうな。


ところが、彼女が契約を結んだ相手は、偽女医だったのだ。しかも、偽だったのは、「医者」という身分だけでなく、なんと性別まで偽物だったのだ!


そう、この偽医者は男性として生まれたものの、女性として生きてきたらしい。警察が公開した写真によると、女性らしく小柄で、蜂に刺されて腫れ上がったような「ふっくらとした」唇、アーチ型の眉毛、大きな円形のピアスという出で立ち。


この偽医者の名前は、Oneal Ron Morris (30歳)。やっぱり男の名前なのね〜〜。


このオニールが、「ボトックス」として注入したもの、それは、、、セメント、鉱油、タイヤのパンク修理に使うシーリング剤を混ぜたものだったそうだ。


これをオニールは、女性のおしりに注射器で何か所にもぶっちゅ〜〜〜と打ち込んだらしい。


あまりの痛みに女性が耐え兼ねて訴えると、オニールは「大丈夫よ〜〜」「そのうち痛みもなくなるわ〜〜」「何度か注入するとなじんでくるから大丈夫よ〜〜」と大嘘をついてごまかしていたそうな。


ところがこの女性、しばらくすると、腹部の強烈な痛み、おしりの注入部が化膿した痛み、インフルエンザのような症状に襲われ、あわてて病院に駆け込んだ。


しかし医者に事情を聞かれると、自分がしたことが恥ずかしくて言い出せず、女性はきちんと診察を受けることなく家路に。。。2度病院を訪れたものの、2度とも診察を受けることなく帰宅してしまった。


最終的に母親に病院に連れてこられた彼女は、ついに事情をすべて説明。病院は「正気の医者なら間違ってもそんなことはしない」と警察に通報。


そして、警察の1年にわたる捜索の結果、ついに金曜日にオニールが逮捕されたのだ。


警察では、被害者はもっといるとにらんでいるものの、この被害者のように恥ずかしがってなかなか申告してくる者はいないようです。


ちなみに、オニールは黒のベンツを乗り回していたそうなので、かなりこの偽医者業で荒稼ぎしていたのでしょう。


いや〜〜〜、昔、食用油とかを顔に注入してえらいことになっていた韓国の女性がテレビで紹介されていましたが、彼女の場合自分でやった結果ですからねぇ。


この場合700ドルという決して安くないお金を払って、医者だと信じてお願いした結果がこれですから、、、、


口コミ情報も時には危険!!ですね。


posted by おうちマン at 07:39| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。