2011年12月04日

8年ぶりの奇跡

アメリカの国土は日本の24倍。

広いです。。。


東海岸(NY)から西海岸(SF)まで飛行機で5時間!!!時差も3時間あります。


そんな広い国土をまたにかけためでたいニュースが流れてきました。


ことの始まりは2003年のサンクスギビング(11月の終わり)。


場所は東海岸のバージニア州。


当時3歳だったアメリカン スタッフォードシャー テリア (下図参照)のぺチューニア君が行方不明となってしまいました。

Dog.jpg

飼い主は必死で周囲を探すものの、ぺチューニア君の行方は知れず。。。


そして今年2011年。カリフォルニア州北部にある保健所に保護された犬を調べると、犬にはマイクロチップが埋められていることが判明。


私の住んでいる地域では約50ドル(3800円くらい?)ほどで、マイクロチップをペットに埋め込むことができます。たぶん全米的にそんなに値段の差はないはず。


比較的安価にできるので、やっている人は結構多いように思います。


首輪がなくなったり、取られてしまった犬でも、体に埋め込まれたマイクロチップのおかげで、飼い主情報を確認できたりするので、無事に飼い主のもとへ戻ることができるわけです。


このぺチューニア君にもマイクロチップが埋め込まれていたおかげで、飼い主を特定することができました!


なんとぺチューニア君は8年間もかけて、全米横断を果たしていたのです!!!


犬語がわかったら、きっとさぞかし楽しいぺチューニアくんの冒険談が聞けたんでしょうね〜〜。


なにはともあれ、8年前に愛犬をあきらめざるをえなかった飼い主のもとには、8年ぶりに朗報が!!!


現在、ぺチューニア君を元の飼い主に引き渡す手続きがとられており、クリスマスは8年ぶりに家族一緒にすごせるとのこと。


いや〜〜、8年間野良犬だったのか、それとも誰かに飼われていたのかはわかりませんが、なかなかの奇跡だと思います!


映画が一本できちゃいそうなニュースですね。
posted by おうちマン at 15:35| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。