2011年12月06日

12歳で一生刑務所の可能性の続報

結構前ですが、10月21日にご紹介したニュースの続報です。

12歳の男の子が、2歳の弟を本棚に思いっきり突き飛ばして弟は意識不明に。。。結果弟は死んじゃうんだけど、意識がない2歳児をすぐに病院に連れて行かなかった罪で母親も逮捕された事件でした。

事件の詳細はこちらから〜〜


その後、検察側はクリスチャン君に司法取引を提案(今から数週間前のこと)。

その主な内容は、「殺人を犯したと認めること」「21歳まで拘留されること」に同意すること。その代り第1級殺人罪での起訴はしないというものでした。


しかし、この司法取引をクリスチャン君の弁護団は拒否。


なぜ拒否したかというと、、、「殺人を犯したとクリスチャン君自身が認めることになるから」、また「21歳までの拘留だけど、最後の3年間は少年院ではなく成人刑務所に収監される可能性があるから」というのが理由。


ということは、クリスチャン君自身には殺意はなかったということでしょうか。


司法取引をけったことで、クリスチャン君の裁判の日が決定されました。彼の裁判は2012年2月27日に行われる予定で、罪状は第一級殺人罪。有罪となれば終身刑が下される重罪です。。。


前の記事にもかいたけど、母親は12歳でクリスチャン君を妊娠し、13歳で生んだようです。おまけに25歳の若さで既に4人の子持ち(クリスチャン君と殺害された2歳児を含む)。


残りの二人は児童施設に預けられているそうです。


クリスチャン君、生まれからして恵まれていない。。。手を下したのは彼だけど、彼の不幸な境遇が彼の行動に関与していたことは間違いありません。


(父親のかげが一切ニュースに出てこないあたり、、、普通の家庭ではないように思えます。4人いる子供たちの父親も果たして同一人物なのか。。。怪しいところですね)


裁判になったとしても、クリスチャン君には同情すべき余地と、改心する余地があるとみなされる可能性は高いと思います。


だから終身刑にはならないとしても、、、でも、無罪放免というわけにもいかなさそうですね。。。。


posted by おうちマン at 15:54| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7歳女の子が行方不明の続報

残念な結果となってしまいました。。。。

7歳女の子が行方不明になった顛末はこちらで確認できます。


先週金曜日の夕方から行方不明になり、その後、近所の人たちと警察とで必死の捜索をしていたジョリスちゃんは、今日の捜索で遺体となって発見されました。。。


ジョリスちゃんが見つかったのは、巨大な圧縮型ごみ収集容器の中。


かなり激しい殴打の後と、性的暴力を受けた後がみられるとのことです。。。


かわいそうに。。。


ジョリスちゃんの住むカントンという場所には、73人の性犯罪者が登録されているらしく、警察はその筋を中心に調べている模様。


発見場所となったごみ収集容器は、捜索をするために、一度取り外さなければならなかったため、警察は今日(月曜日)まで捜索できなかったとか。


いつからジョリスちゃんがそこにいたのかはわかっていません。


行方不明事件が頻発して、それの多くが解決しない、と書いたばかりだったのに、こんな結果となってしまい、本当に残念です。


7歳のジョリスちゃん、とってもおしゃまでおしゃべり好きな女の子だったようです。


ご冥福をお祈りするとともに、犯人が捕まることを切に願います。



posted by おうちマン at 15:31| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7歳女の子が行方不明

ジョージア州カントンに住む7歳の女の子が金曜日夕方から行方不明になっている。


週末の間、捜索が行われたがまだ彼女は見つかっていないとか。


Jorelys Riveraちゃんは行方不明になった時、ティーンエイジャー(13−19歳)のベビーシッターが面倒を見ていた。


このベビーシッターはジョリスちゃんの兄弟二人も見ていたので、合計3人の子供を見ていたことになる。

(10代の子が3人の子供を見るって責任重大ですよねぇ。。。私は人の子一人でも預かるのドキドキしちゃいます)


このベビーシッターによって夕方5時ころ目撃されたのを最後に、ジョリスちゃんの行方は分からなくなってしまった。


警察は近辺の性犯罪歴を持つ人物を調べたり、ジョリスちゃんが知っていそうな学校関係の友人やその家族、ジョリスちゃんの両親の車を調べたりしているが、いまだに彼女は見つかっていない。。。。


なんだか最近(?)子供の行方不明事件が多いです。このブログで取り上げていない行方不明事件もたくさんあります。


そして、見つかっていないんですよねぇ。例のベイビーリサちゃんや、ワシントン州の2歳の男の子とかも、最近では新しい情報もなく、こう着状態だし。。。


行方不明事件といえば、数年前にあった12歳の女の子が連れ去られてしまった事件が忘れられません。


毎年7月4日はアメリカ独立記念日で花火があがるのですが、数年前のその日、女の子は家族や親せきらと一緒に自宅近くで花火を見ていたそうです。


花火が終わり、彼女はいったん自宅に入ったものの、まだ外で遊んでいた、いとこたちを呼んでくるように父親に言われ、再び外に。


ところが彼女が家をでてすぐ、彼女の悲鳴が!!!



家の中にいた父親は、彼女の悲鳴を聞いて外へ飛び出しました。そこには白いワゴン車が急発進して走り去る姿。。。そして娘の姿はどこにもなく。。。


家族はすぐに警察に通報したものの、女の子の行方は知れず。。。。


そして数日後、女の子は遺体で発見されたのです。。。。犯人は間もなく逮捕されましたが、やりきれない気持ちになる事件でした。。。


悪い奴が、たまたま彼女が再度外へ出たときに(それもほんの短時間)、彼女に目をつけ連れ去ってしまったのですから。


本当にこの国では子供から片時も目を離せないです。何かあってからでは遅いので。

posted by おうちマン at 04:23| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。