2011年12月08日

福祉事務所で母親が子供に発砲

昨日テキサス州で起こった事件です。


38歳の Rachelle Grimmer は、12歳の娘 Ramie Grimmer と10歳の息子 Timothy を連れて、昨日午後5時少し前に福祉事務所にやってきました。


来所目的は、フードスタンプ(貧困層を対象にした食料給付金)を得るため。


元々、この母親は7月にフードスタンプを申請。ところが申請書類をすべて揃えず、また、初回面接をすっぽかしたうえ、再面接の申し込みもせず、そのまま放置したため、州は彼女の申請を約1か月後に却下。


その後しばらく彼女からの音沙汰はなく、3か月ほどが経過。。。11月半ばになって母親から福祉事務所に「どうして私の申請を却下したのか?」という問い合わせが入ったそう。


福祉事務所はこの母親のケースを確認し、彼女の申請手続きに不備があったため、却下された旨を再確認し、彼女の携帯に電話。


ところが、この母親の携帯は留守電がいっぱいでメッセージを残せない状態だったという。。。(それだけ問題を抱えていたということ?)それが先週の木曜日のこと。


そして昨日夕方、母親は子供二人を連れて福祉事務所にやってきたというわけ。


彼女はフードスタンプの支給(平均で1月に294ドルほど支給されるらしい)を求め、「新しい」担当者と話すことを要求。


別室に案内され、新担当者との話し合いが始まった。。。


ところが、別室に入ると、母親は突如拳銃を取り出し、新担当者を人質にその部屋に籠城。子供たちもその時いっしょだったようです様。


母親は警察の説得に応じ、2時間半後に新担当者を解放したものの、そのまま籠城を続け、、、、


そして午後11時45分頃。3発の銃声が鳴り響いたのです。。。


警察が部屋に駆けつけると、母親は即死、子供たちも撃たれ瀕死の状態。


すぐに子供たちは病院に搬送され、現在も懸命の治療が続けられているとか。


なんでこんなことになっちゃったんでしょうね。やけくそになっちゃったんでしょうか。それにしても、子供たちを道連れにしなくっても。


不況が続くアメリカでは、こんな悲しい事件を目にすることがたびたびあります。最近失業率が下がった、なんてニュースも聞くけど、実際問題どうなんでしょうね。。。


クリスマス商戦でにぎわうモールやお店の陰では、こんな悲しい事件が起きているなんて、本当に貧富の差が激しいです。。。

posted by おうちマン at 04:08| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真珠湾攻撃

私がよく見るニュースサイトでは、その日「もっとも読まれているニュース」がいくつか選ばれて右側に表示されているのですが、今日の「もっとも読まれているニュース」の中に真珠湾攻撃の記念式典に関するニュースがありました。


日本では12月8日ですが、アメリカでは時差の関係で12月7日に真珠湾攻撃はありました。


今日の記事は結構大きな扱いで、日本がいかに奇襲攻撃をかけ、アメリカがどれほどの被害をこうむったかが解説されていました。


、記事には写真も入って結構大きな扱いです。(1、2行触れる程度の扱いではないという意味で)。


今年は真珠湾攻撃から70周年ということで、記念式典も行われるそうです。また、真珠湾攻撃を生き延びた兵士でその後亡くなった方たちの散骨も、真珠湾攻撃の現場で行われるとか。。。


日本では原爆が落とされた日を毎年ニュースに取り上げるように、アメリカでは真珠湾攻撃がニュースで取り上げられるんですね。日本のニュースで「今日は真珠湾攻撃の記念日です」なんて取り上げないですもんね。


そう考えると、アメリカも日本も「自分たちがやったことには」それほど関心(?)がなく、「やられたこと」はしっかり覚えてニュースにも取り上げるという構図が見えてきます。


こういう時は、アメリカに住む日本人としてちょっと居心地の悪さを感じます。。。本来は日本人として反省すべきとこなんでしょうが。


日本が原爆投下何十周年とかやってるときにも、日本に住むアメリカ人は私と同様の気持ちになるのかな。。。


posted by おうちマン at 03:46| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。