2011年12月15日

渡り鳥が大量死

記事タイトルだけみると、「天変地異の前触れでは!?」って思っちゃうけど、どうやらそうではないようです。



冬の間をメキシコの沿岸部で過ごすため、渡り鳥たちは南を目指して飛んでいたそうな。


大量死の現場はユタ州セントジョージ。月曜夜の冬の嵐のような天気で、7センチほどの積雪があり、この地域は一面雪に覆われることに。


そこにやってきた渡り鳥たち。嵐のせいで方向感覚などを失ってしまったのか、雪に覆われたウォールマートの駐車場や、フットボール場、高速道路などを池と勘違いし、それらにダイブしてしまったのです!!


水面だと思って、上空から降りてくるわけですから、鳥とはいえ、それなりの速度。。。


あわれ、地面に激突してしまった鳥たちが、そこかしこに転がっているという光景が広がっているらしいのです。


現在のところ、推測では1500羽ほどが死に、3000羽以上がケガなどを負って保護されている模様。


何千羽もの鳥が地面めがけて突進してきて激突死。。。って自分の目の前で起きたらかなーり怖い光景だと思いませんか??まるで鳥が何かに操られているような。。。


また、この鳥が赤い目をしているのがちょっと怖い。。。


bird.jpg


でも、嵐で方向感覚がやられちゃうなんて、野生の鳥にも起きるんですね。自然界は厳しいなぁ。


幸い、助けられた鳥たちは池に放してやったら元気にすいすい泳ぎだしたそうです。

死んじゃった鳥たちはかわいそうだけど、この地域の人たちがどんどん鳥たちを保護しているそうなので、これ以上被害が増えることはなさそう。


posted by おうちマン at 10:30| Comment(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。