2012年01月23日

誘拐犯から逃げ出すことに成功!

コロラド州プエルボ。

木曜日のこと。9歳の Calysta Cordova ちゃんが学校からの下校中、突如車に押し込められ誘拐されてしまった。


誘拐犯は、なんとカリスタちゃん家の隣に住む男で前科者の Jose Garcia 29歳。


ホゼは、誘拐したカリスタちゃんを殴りまくり、カリスタちゃんは顔にどすぐろいアザ、切り傷を多数負わされたものの、殺されはしなかった。


誘拐犯はカリスタちゃんを乗せたまま車で逃走を続けていたが、その夜、タイヤがパンク。


仕方なく、ホゼはカリスタちゃんを連れ、ヒッチハイクをし、翌朝(金曜)にとあるガソリンスタンドまで辿りついた。


そこで、カリスタちゃんはホゼの目をくぐりぬけ、ガソリンスタンド併設のコンビニへ駆け込むと、店員に「おじさんに電話をかけたいので電話を貸して」と頼んだ。


そして電話を掛けたのだが、、、カリスタちゃんが電話した先はおじさんではなく、警察。そう911へ電話したのだ。


警察が駆けつける前に、犯人のホゼはカリスタちゃんが店内にいることに気が付き、あわてて連れ出そうとしたものの、カリスタちゃんはもちろん抵抗。


「私はどこにもいかない!!お母さんがくるまでここで待つんだから!!!」と叫ぶカリスタちゃん。そしてその顔はアザだらけの傷だらけ。。。


周りの人が不信に思いだし、注目があつまりつつある中、カリスタちゃんの剣幕にまけ、ついに犯人は走って一人で逃走。


カリスタちゃんは無事に家族の元に帰ることができました。そして犯人は数キロ先のバス停で逮捕。


無事に帰ることができて本当によかった。彼女が助かった理由は冷静さを失わず(下手に泣き叫んだりすると犯人を逆上させることにもなりかねない)、助かるチャンスが来るのを冷静に待ったところにあると思います。


だって、ヒッチハイクをしたんだから、もしかしたらその時点で車の運転手に助けを求めることもできたわけだし。


だけど、夜中のヒッチハイクで運転手が一人だけだったら、、、それに、ホゼが拳銃を持っていたりしたら。。。と考えると、ヒッチハイクの時点で騒いで助けを求めるのはあまり賢くないかと。(ホゼが運転手を殺して車を奪って、カリスタちゃんを連れて逃走を続ける可能性も十分にあったのだから)


おまけに、コンビニに逃げ込んだ時も即助けを求めるわけでなく、冷静に警察に電話するあたり、すごいです。

いきなり「警察に電話するから電話かして」とかいうと、「え?どうしたの??」とか事情を聴かれて、すぐに電話を貸してもらえない可能性もあるわけで、、、そういう意味で「おじさんに電話をかける」という口実だからこそ、スムーズに電話が借りられたのだから、やっぱすごい。このあたりのテクニックなんて、大人でもできないかも。。。


いや、冷静。9歳とは思えぬ数々の対応。すばらしい!!!


カリスタちゃんが無事に家族の元に帰ることができて、本当によかったです。






posted by おうちマン at 16:45| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。