2012年02月29日

妊娠中にガンが胎児に転移

信じられないお話です。。。

アリゾナ州の女性警察官だった Briana Cox さんは2006年、ガンの一種である黒色腫を患いました。

しかし、手術によってブリアナさんは奇跡の生還を遂げ、その後定期健診を受けつつ、健康に留意して過ごしてきました。


そして去年には待望の妊娠。


現在 9か月になる Addison Cox ちゃんのお母さんになったのです。


母となった喜びもつかの間、アディソンちゃんが生後1か月のころ。


ブリアナさんはとつぜん発作を起こしたのです。


病院では、無情にもガン再発が告知されました。


定期検診を受けていたにも関わらず、ブリアナさんの体内は転移性悪性黒色腫に全身を冒されていたのです。。。


ガンは、ブリアナさんの肩、肺、脳をはじめとして全身に転移しており、特に脳への転移はかなりひどかったとか。。。


そして転移具合から、ガンは妊娠中には既に体内に広がっていたと推察されました。。。


医師は赤ちゃん(アディソンちゃん)は大丈夫、といったものの、ブリアナさんはアディソンちゃんの検査を懇願。


そして結果は、、、、


母とほぼ同じ状態でした。脳、片方の肩、肺、肝臓、腎臓、舌の裏側、、、などなど、ガンはわずか生後9か月のアディソンちゃんの全身に広がっていたのです。。。


母親のブリアナさんは、自分のせいで娘がガンになってしまった、、、と自分を責めながら2月12日に亡くなってしまいました。


医師によると、アディソンちゃんの寿命は残り2年だそうです。現在は、アディソンちゃんのためにだけ特別に認可された薬を使って治療が行われているとか。


ただ、これらは一般には未認可であるため保険がきかず、治療費はかなり高額となっているようです。


こんな悲しいことが起こるんですね。。。


定期健診を受けていたにも関わらずガンが発見されなかった理由の一つに、実は脳内のがん細胞による症状であった、めまいや記憶力低下が妊娠によるもの、と誤解されてしまったからなのだそうです。


それに母親のガンが胎児に影響する可能性というのは、とても低いそうです。だからこそ、医師はアディソンちゃんは大丈夫と思ったのでしょう。


これまでにこのような妊婦から胎児へのがん転移ケースは、わずか8例しかないそうです(今回ので9例目)。


アディソンちゃん、なんとか助かってほしいものです。


妻を亡くし、生まれた瞬間からガンを患っていた娘が闘病の末、わずか2年でこの世を去ってしまったら、お父さん立ち直れないですよね。。。

posted by おうちマン at 10:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

小学生女子のけんかが、、

カリフォルニア州ロングビーチで起こった事件。

小学5年生の女子二人が、放課後、1対1で喧嘩をしたらしい。


喧嘩の原因は分かってないが、事前に時間と場所を決めた、いわゆる「タイマン」のようなもの。


10歳の女の子(Joanna Ramos)と11歳の女の子。


二人はかばんを下におろし、髪の毛をお団子にまとめ、7人の「観客」に囲まれ、「GO!」の合図と共に殴り合いを開始。


お互い武器は使わず、倒されるようなこともなく、素手でパンチをしあったらしい。


しかし、目撃者によると、喧嘩はわずか1分足らずで終了。


その後、10歳の女の子(Joanna Ramos)は学童へ歩いて行ったそうです。


学童では、鼻血を手でふいているジョアンナの姿が目撃されています。


その後、ジョアンナは学童から自宅へいつものように帰宅。


しかし、帰宅後しばらくして、ジョアンナは吐き始め、頭痛を訴えたのです。


母親はあわててジョアンナを病院へ連れて行きましたが、病院へ着いた時にはジョアンナは意識を既に喪失。。。


ジョアンナの心臓もやがて停まってしまいましたが、医師の力で3度蘇生させることに成功。


脳内出血が激しかったので、緊急手術を受けることになりました。


最初、手術は無事に終わったと医師は家族に告げましたが、そのわずか数分後、ジョアンナの心臓はまたもや停止。。。そして今度は蘇生させることもかなわなかったのです。



ジョアンナの死因は、頭部外傷によるものとみられています。


学校でのたった1分間の素手による喧嘩からわずか6時間後、ジョアンナは亡くなってしまいました。


ジョアンナの死は殺人として扱われ、現在関係者から事情を聴いているようです。


しかし、、、、びっくりですね。


7人も目撃者がいたことからも、この二人のけんかがまさかこんな悲劇になるとは、だれも思わなかったんでしょう。。。


その証拠に、喧嘩をとめようとした別の女子を男子が羽交い絞めにして、喧嘩を続行させていたことがわかっています。


周りはあきらかに二人のけんかを面白半分にあおっていた様子。。。


人間って案外簡単に死んじゃうんだな、、、というのが事件の感想です。


子供は手加減を知らないとはいえ、、、、まさか11歳女子が素手で殴って相手を殺しちゃうなんて。


今、子供がドラえもんを見てるのですが、ジャイアンがのびたを殴る勢いで実際に同級生を殴ってしまったりしたら、、、大けがどころじゃすまないかも!?


打たれ強いのびた、案外頑強な体の持ち主なのかもしれません(汗)。


posted by おうちマン at 08:25| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

86歳がカージャックに襲われたというのに、、、

86歳の Aaron Brantley  さん。

第2次世界大戦で戦い、生還後は、溶接業に携わり、今は悠々自適なリタイア生活を送っている彼。


水曜日の午前中のこと、デトロイト大学の隣にあるガソリンスタンドで事件は発生。


アーロンさんはその朝、バイブルスタディ(聖書勉強会)から自宅へ帰宅する途中に、自宅近くのガソリンスタンドへ立ち寄ったそうです。


都市部にあるガソリンスタンドでは大抵の場合、現金で払うには一度店内でお金を払ってから給油します。クレジットカードの場合は、給油ポンプがある場所で清算するので、店内に足を運ぶ必要はありません。


アーロンさんは、現金で払うため、ガソリンスタンドの店内へ。


そこでガソリン代を前払いし、給油をすべく自分の車へと戻りました。


その時、店内にいた男が何も買わずにアーロンさんの後にくっついていったのです。


でもその男の動きに注意するものなど誰もおらず、、、(まぁただ歩いているだけですからね)。


アーロンさんが自分の車にたどりつくやいなや、男はアーロンさんを殴り、車を奪って逃走してしまったのです!!! 時間は午前10時40分ごろ。


アーロンさんはこの男の暴力によって、足を骨折してしまい、歩けなくなってしまいました。


突然のできごとに、アーロンさんは助けを求めようと、先ほど現金を支払った店内へ這って行きました。足が折れていたので、歩けなかったから。。。


しかし信じられないことに、這っているアーロンさんを誰も助けてはくれませんでした。。。


人がいなかったわけではないのです。時間は午前11時近く。真昼間です。


アーロンさんによると、ガソリンスタンドには他の車もいたし、同じように店内に向かってアーロンさんの横を通り過ぎていく人もいたとか。。。


それでも、這っているアーロンさんに声をかけてくれる人は誰一人としてなく、アーロンさんは自力で店へたどり着きました。


しかしドアは自動ドアではなかったので、開けられません。。。


通りかかった女性にドアを開けてくれるように頼むと、女性は最初アーロンさんのお願いを無視。


しかし、結局はドアを開けてくれたそうです。ドアを開けた後は歩き去っていってしまったそうですが。。。


ようやく店内に入れたアーロンさん、店員に警察へ通報してくれるように頼み、救急車も要請。


店員はカージャックが起きたことにまったく気がついてなかったそうなので、一瞬の出来事だったんでしょうねぇ。


救急車が来るのを待つ間、そこに居合わせた人に、アーロンさんはお金を上げるから自宅まで乗せていってくれないか、とお願いをしました。現場のガソリンスタンドからアーロンさんの家まではほんの2,3ブロックだったそうです。


アーロンさんに頼まれた人は、お金は受け取らず、アーロンさんを自宅まで送り届けてくれました(ほっ)。


自宅にたどり着いたアーロンさんはようやく来た救急車にのって病院へ運ばれた、というのが今回の事件の顛末です。


いや〜〜〜、アメリカ人ってもっとフレンドリーなのかと思ってました。86歳の老人がガソリンスタンドで這ってたら、普通、声かけませんか???


誰も声かけないし、助けもしなかったからこそ、こうしてニュースになってるんだろうけど〜〜〜。


アーロンさん、足が折れているにもかかわらず冷静に自分でなんとかしようとしたのが返ってアダになったのかも。


「うぉ〜〜〜、俺の脚が〜〜〜脚が〜〜〜」とか叫んでのたうちまわってたら、周りの反応も違ったかもしれないですね。


ちなみに、アーロンさんが盗られた車は2010年のクライスラー車。とくに高級車というわけではないようです。

アーロンさんってば運の悪いことに、このクライスラーの前の車も盗難されちゃったとか。。。


ちょっと、治安面にかなり不安がありますねぇ。でも普通大学があるようなところって、それなりに治安いいと思うんだけどなぁ。


今回のカージャックはばっちり防犯カメラに一部始終が映っており、警察に提出されていますが、まだ犯人は捕まってないようです。


アーロンさんの車はカージャックの数時間後、わずか数マイル離れたところで、タイヤとカーオーディオが盗まれた状態で見つかったとか。


こんな人間不信になっちゃいそうな経験をしたアーロンさん、


「でも撃たれなくってよかったよ。撃たれてたらもう笑うことなんてできないんだから。命あってのものだからね」

とかなりの前向き発言。


う〜〜ん、すごいです。長生きの秘訣を見た!!って感じですかね。


それにしても、今回のニュースは以前紹介した 車に轢かれた女の子をみんなが無視して通りすぎる (続報)、くらいインパクトがありました。


アメリカ人のイメージ覆されたなぁ。。。



posted by おうちマン at 16:38| Comment(2) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。