2012年02月07日

妻行方不明、そして夫は子供を道連れに。。。

このブログを初めて間もなくのころ、紹介した行方不明事件がありました。


2009年、ユタ州で二人の幼子を持つ女性(Susan Powelさん、当時28歳)が行方不明になった事件です。


夫 (Josh Powell) は妻が行方不明になった日、厳冬の中、幼子二人をつれて泊りがけのキャンプに行っていて、翌朝家に戻った時には妻がいなかったと主張。



警察は、ジョッシュがキャンプへ行った場所を捜索し、人骨らしきものを発見! スーザンさんか!?といっとき騒がれたものの、結局、人骨ではなかったことが判明。


その後、ジョッシュは子供二人を連れ、自分の父親の住むワシントン州へと引っ越しました。



ところが、このジョッシュの父親っていうのがとんでもないヤツだったのです。スーザンさんをはじめとして、女児や女性のトイレ、シャワーシーンなどを盗撮。おびただしい数のわいせつ画像が見つかったことで、このジョッシュの父親は逮捕されました。


ここまでの経緯は、

死人(?)にくちなし と、死人に口なし。。。のその後

をご覧ください。


このパウエル父子をとりまく、あやしい行方不明事件の概要がご覧いただけます。


そしてそして、昨日飛び込んできたこの事件の最終章。。。衝撃です!!!


エロじじい(ジョッシュの父親)が逮捕された後、スーザンさんのご両親とジョッシュとの間では幼子二人の養育権争いが続いていたそうな。


そして結局、スーザンさんのご両親が子供たちをひきとって育てることになり、子供たちはソーシャルワーカー(社会福祉士)の付添いのもと、定期的に父親であるジョッシュと面会、ということに落ち着いていたらしいのです。


事件当時2歳と4歳だった子供たちも、現在は5歳と7歳になり、あの晩のことを語り始めるようになっていきました。


そう、あの晩とは、、、、母親がいなくなった晩のことです。


子供たちは一緒に暮らす祖父母(スーザンさんの実両親)に、「あの日、僕たちはキャンプに行ったの。ママはパパの車のトランクの中にいたんだけど、パパとママが一緒にどっかにいって、ママだけが戻ってこなかった。。。」と言っていたそうです。


!!!ついに真実が見え始めてきたかも!!!


しかし、スーザンさんの遺体はいまだ発見されていません。。。。やはり死体なしの起訴は難しい??


でも、子供たちの証言は大きいですね。


ジョッシュは子供たちの養育権を取り戻すべく、裁判所に訴えてきたようですが、裁判所はジョッシュに対し養育権を認めませんでした。


そして、まずはポリグラフ(嘘発見器)を受けること、それから psycho-sexual 評価(精神面 - 性的面での評価)を受けることを命じたのです。


その数日後、悲劇は起きました。。。


おとといの土曜日、子供たちがジョッシュの家に社会福祉士と共に面会に訪れました。


子供たちは社会福祉士より一足先に車をおり、家の中へと駆け込んでいきました。あんな奴でも父親ですからね。。。会いたかったのでしょう。。。


続いて社会福祉士が玄関ドアを開けようとすると、鍵がしまっており、中に入ることができません。おまけになんだかガスくさい。。。。


決まりでは、社会福祉士の立会の下でのみ面会ができることになっているので、彼女は上司へ報告するために電話を掛けました。


そしてわずか数分後、轟音と共に家は大爆発!!!


ジョッシュと幼い子供たちは即死してしまったのです。



なんということでしょう。。。。信じられない結末です。。。子供たちには何の罪もないのに。



あきらかに子供たちを巻き添えにすることを計画した、無理心中でした。。。


それから約2時間後、、、ジョッシュの弁護士はジョッシュから爆発10分前にメールが来ているのに気が付きました。


文面はたったの3語。


「I'm sorry, Goodbye.」


こんな結末になるとはだれが予測したでしょう。。。


弁護士がすぐにジョッシュからのメールに気づいていたら、子供たちは助かったかもしれなかったのです。。。でもそれは起きなかった。子供たちはクレイジーな父親の巻き添えになって死んでしまいました。。。


最近、子供たちが当時のことをしゃべりだしたこと、養育権を拒否されたうえ、ポリグラフなどを受けろと命じられたことでジョッシュは追い詰められていったのでしょう。。。


それにしても、、、


なんとも、やりきれない事件です。。。



posted by おうちマン at 04:18| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。