2012年02月15日

腕相撲チャンピオンの旦那と口論の末。。。

国際腕相撲協会の元腕相撲チャンピオン Allen Stilkey (40歳)と妻の Lisa (44歳)は、木曜日の夜、激しい夫婦喧嘩をしていたらしい。


この旦那が腕相撲チャンピオンになったのは1995年なので、彼が23歳の時。


それから17年たった今でも、変わらずムキムキマッチョのようです(ニュースサイトにのっていた写真を見ると)。


この旦那が奥さんと激しい夫婦喧嘩を展開。奥さんは喧嘩の最中に自分の息子に電話をしており、息子に「もし自分が死んだら、旦那に殺されたものだと思って」と言っていたとのこと。


息子は電話の向こう側で、「電話を切った後、お前をぶっ殺してやる!!!」とわめく、アレンの声を聞いたという。。。


そして息子との電話を切ったリサさんは、クッションを自宅2階の窓から屋外に向かって投げた後、アレンから逃れようと自らジャンプ!


2階から飛び降りたわけだから、大して高さはなかったんでしょうけど、リサさんは運悪くかなりひどいケガを負ってしまったようです。。。


その後すぐに病院に運ばれたものの、翌朝金曜日に亡くなってしまいました。。。。


夫婦が喧嘩していた部屋からは、壊れた家具やワインボトルが発見されています。


旦那アレンは、過失致死罪、脅迫と暴行罪などで金曜夜に逮捕され、現在も拘留されています。


が、アレンは妻の死は自分の責任によるものではない、と主張しているようです。


法廷では後悔の涙を流していたアレン。。。夫婦喧嘩発生時にはワインを飲んでいた模様。そのワインは部屋のあちこちに飛び散っていたとか。。。


う〜〜ん、、今更泣いて悔いてもねぇ。。。アレンがチャンピオンだったとき体重は約90キロだったそうですが、写真を見る限り、今はそれ以上ありそうな感じ。。。


そんな大男がぶち切れて、ぶっ殺してやる!とか言って迫ってきたら、確かにこわいですよねぇ。。。


でも、リサさんが飛び降りた先はコンクリではなく、芝生でした。リサさんもどうやらちょっと太目の女性だったよう(写真によると)、クッションの上に飛び降りるのは難しいにしても、それなりにうまく飛び降りることができていたら死ぬことはなかったんだろうになぁ。。。


たくましいムキムキマッチョな男性って頼りがいがあってよさそうだけど、そんな人がお酒飲んで切れてしまったら、恐ろしいですよね。。。





posted by おうちマン at 08:00| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。