2012年02月25日

9歳が8歳を拳銃で

事件の低年齢化が叫ばれて久しいですが、今日お伝えするニュースではなんと9歳児が登場。


そういえば、光市母子殺害の犯人は死刑が決定しましたね。死刑を「よかった」というのはよくないかもしれませんが、今回の場合は適切な判断が下されたと思います。


弁護団が変わってからの犯人の供述には許せないものがありました。ある意味、犯人はこの弁護団によって殺されるようなものかもしれません。。。


おっと脱線。


今日のニュースの舞台はワシントン州にある小学校。


ある日のこと、9歳の男の子は、クラスメートに「今度お父さんの銃を学校に持ってくるから」と言い、走り去ったといいます。


そして今週水曜日。男の子は、自分の母親の家から(親は離婚か別居をしている様子)45口径の拳銃を持ち出し、それをカバンに入れて学校へ持ってきたのです。


正確にいえば「お父さんの銃」ではないけど、まぁ、公言通り、学校に9歳の男の子が拳銃を持ってきちゃったというわけ。


水曜日の授業も終わりに近づき、みんなが帰り支度を始めたその時、、、、


男の子は拳銃が入ったカバンを机の上に無造作にボンと置いたそうです。


すると、、、中に入っていた拳銃が暴発し、なんとクラスメートの女の子(8歳)に当たってしまいました!!!


崩れ落ちる女の子。。。


女の子はすぐに病院へ運ばれたものの、依然重体だとか。


そして木曜日。男の子は犯罪者が着せられるオレンジ色のジャンプスーツに身を包み、法廷へ出廷。

9yearold.jpg


後姿が完全に子供です。。。それなのに立派に犯罪者扱い。


とはいえ、すぐに起訴されるわけではなく、とりあえず「この子は自分がやったことの罪をわかっているのか」「誰かほかに責任を取るべき人間はいるのか(まぁ両親のことですね、きっと)」などが、まずは議論されるそうです。


仮に過失傷害罪とかで有罪になっても、大人と同じ刑務所に送られることはないそうなので、たぶん少年院系のところへ送られるのでしょう。


きっと軽い気持ちで持ってきちゃったんだろうなぁ。。。


でもやっぱ今回の件で一番悪いのは、子供の手の届くところに拳銃を置いておいた両親ですよね。


今回の一件について父親は、「うちの息子は過ちを犯してしまいました。とんでもない過ちを。。。」とインタビューで言ってたそうですが、おいおい謝罪の言葉はないんかい!!!


文化の違いっすかね〜〜〜。9歳とはいえ、自分がやったわけではない事件だから、自分が謝る必要はないとでも考えているんでしょうか。


とにかく「謝ったら負け〜〜」の文化ですからね、、、、日本人だったら「申し訳ございません〜〜。うちの息子がとんでもないことを!!」と言いそうなもんですがねぇ。


今回は「犯罪」というよりも、「事故」ですね。


厳密にいえば、殺傷能力のある武器の不法所持と、危険物を学校に持っていた罪、となるわけですが。


アメリカでは27州で、「子供の手に拳銃が渡らないように気をつけなきゃいけないよ、的な規定」があるそうですが、今回の舞台となったワシントン州にはそういう規定が一切ないそうなので、親にお咎めが及ぶことはなさそうです(だからこその「息子が過ちを、、、」発言なのかも)。


でも自分の娘を撃たれた親としては、腹の虫がおさまらないと思います。


実は今回のような子供が子供を撃っちゃう事件、過去にも起きているそうです。


2000年にはミシガン州で、6歳の Kayla Rolland ちゃんがクラスメートの男の子に射殺される事件が起きています。この男の子もやはり家から拳銃を持ってきたのだそう。


この男の子は幼すぎるということで、罪に問われることはなかったそうです。


また去年には、友達に自慢するため拳銃を学校に持ってきた6歳の男の子が誤って銃を発射してしまい、3人の子がケガをした事件も起きています。


怖いですね、、、銃社会アメリカ。


中学生くらいになると持ち物検査とかがあるのかもしれませんが、まさか6歳児(ってことは小1)が拳銃持ってくるとは思わないですもんね。。。



posted by おうちマン at 03:52| Comment(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。