2012年03月15日

事故かと思ったら。。。姉が弟を射殺

アーカンソー州リトルロックでのお話。


おととい月曜日の午後に事件は発生。


リトルロックに住む両親、長女9歳、長男7歳の4人家族がいたそうです。


(まぁ、うちと家族構成がそっくり!!うちはそれぞれ子供の年齢が1歳ずつ若い8歳と6歳ですが。)


で、月曜日の午後、両親はちょっとだけ家を空けたそうです。


そのとき、家で銃声が!!!


なんと、7歳の男の子が拳銃で撃たれてしまったのです。。。


9歳の姉は当初警察に、「二人の男がアパートに入ってきて、弟を撃ったの!!!」と説明していたそうな。


しかし、誰かがアパートに侵入した形跡はなかったのです。


おまけに父親が、「娘は高機能自閉症で虚言癖があるのです」と警察に告白。


男の子は病院に運ばれたものの、同日のうちに死亡。


そして今日警察が記者会見を行いました。


それによると、男の子を撃ったのはやはり9歳の姉であり、しかもそれは事故ではなく故意でやったことであると!!!


事件発生時、幼い姉弟を残し、両親はいったいどこに行っていたのか?


なんとアパートの管理事務所で書類にサインしていただけだったんですねぇ。そう、つまり両親は遠方に外出したわけではなく、十分徒歩圏内にいたわけです。


父親によると、両親は管理事務所に行くため、玄関の鍵を閉め外出。


その後銃声が響くまでわずか5分間!!


両親が家にかけ戻ったとき、玄関の鍵は閉まったまま。


やはり外からの侵入の線はなさそうです。


ちなみに、銃は父親が「万が一のため」に寝室に所持しており、この部屋に大量の血痕があったそうです。


この父親事件後フェイスブックに「息子がいなくなって寂しい。。。生きるのがつらい。。。こんなことがおきるなんて。。。」と書いているそうな。


だったら子供の手が届くところに銃をおくなっつーの!!!


アーカンソーでは9歳の子供を殺人罪で逮捕、起訴することはできないそうなので、この女の子に対する刑事的責任は追及されないようです。



それにしても、なんで撃ってしまったんでしょう??よっぽど姉弟の仲が悪かったのか、、、それとも興味本位だったのか、、、自閉症との関係も含め、警察の捜査は続行中。


でも理由はなんにせよ、9歳の姉が7歳の弟を撃ったのが事故ではなく、「故意」っていうのが怖いですね。。。

(姉が警察に堂々と嘘の証言をしているあたりからも、恐怖を感じます。。。)






posted by おうちマン at 08:32| Comment(2) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。