2012年03月24日

銃社会アメリカの現実

アメリカでは犯罪歴がない成人は一定の待機期間後、銃を買うことができます。(例によって、州ごとや地域ごとに規定は異なるので、全部がそう、とは言えないけれど。。。)

日本に比べれば、一般人が銃を手にするのはとても容易なわけです。

だからこそ、銃社会アメリカなんでしょうけど。。。

子供がお父さんの銃をクラスメートに自慢しようとして学校へ持ち出し、クラスメートを誤射してしまった事件が最近ありました。


両親がガソリンスタンドで給油中、車内にあったお父さんの銃で遊んでいた3歳の男の子が自ら頭をぶち抜いて即死してしまった事件も最近報告されています。


その他にも自閉症の9歳姉が7歳弟を打ち殺してしまった事件も紹介しましたね。。。


とにかく最近銃の犠牲になる子供たちの数があまりにも多すぎるのです。


そんな中、今年11月にアメリカ大統領選挙が行われる予定です。


新大統領の下、銃の所持規制や新たな購入が制限される可能性が取りざたされています。


そこでアメリカ人が取り始めた行動。。。なんだと思います?


「銃を規制するのはいいことだ!!」とみんなが賛成するかと思いきや、現状は実にその反対!


銃の購入が規制される前の、かけこみ購入が相次いでいるのです!!!


拳銃メーカーである Sturm, Ruger & Co などは、今年に入ってわず3か月の間に(いや正確にいうとまだ3月が終わってないから2か月半の間に)、なんと100万丁もの注文を受け、生産が追い付かず、今現在は新規受注を完全に断っているとか。


有名な Smith & Wesson も売り上げはうなぎ上りだそう。


今年に限らず、例年1年のうちでこの時期が一番銃の売り上げがあるそうです。なぜかって?確定申告の還付金が戻ってくる季節だからだそうな。。。。


現金が戻ってくると、銃を買うんですね。。。


実はオバマ大統領が選出された2008年にも同じような現象があったそうです。。。オバマ大統領は銃器を制限すべきという考えの持ち主なので、この11月にオバマ大統領が再選されると、さらに規制が厳しくなると人々は予想しているわけです。


ちなみに2011年は1100万丁の拳銃が売買されました。今年はそれを容易に上回ると予想されています。


銃器市場の好調が、アメリカ経済を支える一因となっているという人もいるようですが、、、、そういう問題じゃないだろ!!とちょっと思っちゃいます。


一般市民が銃を保持することに反対している人も当然たくさんいると思います。でも、規制が強くなる前に銃と弾の買いだめに走る人が多いこともアメリカの現実なんですよね。。。




posted by おうちマン at 02:31| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自警団長が起こした事件の続き

この前お伝えした自警団リーダーによる黒人の17歳少年射殺事件の続報です。


アメリカで批判が高まっているこの事件ですが、なんとオバマ大統領が記者会見でコメントするほどになっています。


ローズガーデンでの記者会見で、オバマ大統領はこの事件に触れ、


「この事件は悲劇以外の何者でもなく、ご両親の悲しみははかり知ることができません。この被害者少年のことを考えるとき、私は自分の子供のことを考えます。我が国の両親すべては、何が起きたのか、どうして起きたのか、真実を知る権利があると強くあると思います。連邦、州、ローカルの全機関が全力でコトの真相究明にあたるべきです。」


と述べています。

そして、

「もし自分に息子がいたら、きっとこの被害者少年に似ていたと思う」とまでコメント。


たしかに、被害者少年、ちょっとオバマさんに似ているかも〜。


そしてこの事件は、地元警察には任せておけないと、現在ではFBIと司法省による捜査が続けられています。


少年を射殺した自警団リーダーは、相変わらず「正当防衛でやむ終えず撃った」と証言しているようです。


これは私見ですが、今回の件を無罪放免のままにしてしまうと、銃社会アメリカがもっと深刻な状況に陥ってしまうと思います。


ライセンスを持って銃を所持し、自らを自警団リーダーに勝手に任命したら、町を歩いている人を殺していいのだ!っていうわけがないのですから。。。


posted by おうちマン at 02:09| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。