2012年04月04日

カリフォルニアで銃乱射事件!

昨日の朝、カリフォルニア州オークランドにある韓国系クリスチャン大学で銃乱射事件がありました。

息子を幼稚園に迎えにいく車内で突然流れてきたニュースにびっくり。

オークランドって私が住むところから30分も離れてない。友達も住んでるし、私自身1年ほど住んでいたことのある市。

全米でワースト10に入る治安の悪さを誇るオークランドですが、それでも真昼間に起きた銃乱射事件のニュースは衝撃的でした。

事件の舞台となった大学は、私大で韓国人が学長で生徒も韓国人などのアジア系が中心。神学、東洋医学、看護学など、手に職を付けられる職業専門学校的な要素の強い大学だそうです。

私は、今回の事件があるまでこんな大学があることさえ知りませんでした。生徒数はわずか100人ほどで10年ほど前に開校したばかりの、本当にこじんまりとした学校のようです。

今回の銃乱射の犯人は、ここの元生徒でした。

事件発生時に学校内および近辺にいたのはおよそ35人。そのうち、なんと7人もの人が殺害されてしまったのです。

この元生徒の名前は、One L. Goh 43歳。この学校の看護科に通っていたそうですが、ここ数か月は授業に出席せず、突然昨日、銃と共に学校に現れたとのこと。

どうやら犯人はまず受付の女性を射殺。その後、自分が所属していた看護科の教室へと行き、教室内にいた生徒たちに銃をつきつけ、壁に一列に並ばせたそうです。

そしてそのなかの一人の女性の胸と頭部を撃ち、射殺。

パニックになったほかの生徒たちは一斉に逃げ出しました。それを追いかけるように犯人は銃を乱射。。。

一通り校内での銃撃を終えた後、外に出た犯人はたまたま通りかかったホンダ車の運転手を銃殺し、車をのっとって逃走。

すぐに警察が現場に駆けつけ緊急配備を敷いたところ、約1時間後に現場から6キロほど離れたスーパーで犯人は逮捕されました。


実はこのスーパーの警備員が挙動不審な犯人に気が付き、声をかけたそうなんです。すると、「警察と話さなきゃならない。何人も射殺してきたところだから。。。」と犯人が自白。この警備員からの通報により、警察がスーパーへ急行して犯人逮捕となったわけです。

ある程度の規模のアメリカのスーパーやお店、モールには結構ごつめな感じの警備員が常駐してます。

今回もそんな警備員のお手柄で犯人逮捕となったわけですが、日本のスーパーやモールにいらっしゃる警備員さんは、、、、定年退職されたちょっとやさしげなオジサマばかりなように思います。万が一こんな事件が起きたら対処できるでしょうか。。。

もちろんアメリカに比べたら凶悪犯罪の数が圧倒的に少ないので、いかついマッチョマンを警備員に配置する必要はそれほどないのかもしれませんが、、、、


今回の銃乱射事件はまだまだ情報がいろいろい錯綜しており、犯罪の動機などは分かっていないようです。

大学生のわが子を突然亡くしたご家族の気持ちは計り知れません。。。自分の子供をようやく大学生にまで育てあげたのに、それを一瞬でめちゃくちゃにされてしまうなんて。。。


ちなみに、今回の事件の舞台は韓国系の大学でした。学長も生徒も韓国人が中心。そして、犯人もやはり韓国人でした。

たしか、バージニア州の大学で2007年に起きた銃乱射事件(32人死亡、25人負傷の大惨事)でも、犯人は韓国人の学生でしたね。

こういってはなんですが、韓国人に対する世間のバッシングみたいなものが起きなければいいな、と思います。これ以上の悲劇は避けたいですから。。。

ちなみにニュースによると、サンフランシスコにある韓国大使館に電話をしてインタビューを試みようとしたけど、誰も電話に出なかったそうです。。。

とりあえず犯人が速攻逮捕されてよかったです。犯人が逃亡!なんてことになっていたら、怖くて子供を学校にも送り出せないですから。。。。それだけ今回の事件は我が家の近くで起きたのです。。。

最後に、、、犠牲者のご冥福をお祈りいたします。



posted by おうちマン at 13:36| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家の中で溺死

読んでいて切なくなってしまったニュースです。。。

最近ユタ州からオレゴン州へ引っ越してきた Hebb  さん一家。

登場人物は父親のクリスさん、母親のティファニーさん、それに21か月になる息子の3人家族。

クリスさんがオレゴン州に職を見つけ、転職したことから一家はそろってオレゴン州に最近引っ越してきたそうです。

21か月になる息子はお母さんのお手伝いをするのが大好き。

その日も、洗濯機の中に汚れ物を入れ、スタートするお手伝いをしていたそうです。

2歳にもならない子ができるお手伝いとしては、汚れ物をぽいぽいっと洗濯機に放り込むだけなので、最適。(もちろんお母さんの監視の下やっていたとは思います)

洗剤も入れて、洗濯機をスタートし、母親のティファニーさんはその場を離れました。


。。。何分経過したでしょう。。。


ふと気が付くと息子の姿が見えない。


名前を呼びつつ、家の中を探し回るも、どこにもいない。


まだ2歳になっていない彼が自分で玄関や窓を開けて出ていくとは考えられず、、、半パニックになりながら、母親が家じゅうを探し回っていると。。。


なんと、息子は水が満水状態の洗濯機の中に。。。。完全に水没していたそうです。


あわてて助け上げ、救急車で病院へ。


しかし残念ながら翌日彼は亡くなってしまいました。


今回はあくまで事故死ということで両親へのお咎めはないそう。本来ならニュースにもならなかったかもしれませんが、両親はあえて、警鐘を鳴らしたい、とのことでニュースになったようです。


母親曰く、「洗濯機がまさか危険だなんて思わなかった。その中でおぼれ死んでしまうなんて予想さえしなった。。。誰も同じ目には合ってほしくないので、あえて公表することにしたのです。。。」とのこと。


父親は「悪夢を見ているよう。夜中にふと赤ちゃんの泣き声が聞こえて目をさまし、あ、やっぱりあれは悪夢だったんだ、、、、って一瞬思うんだけど、でもそれは近所の赤ちゃんの泣き声で。。。」と切ないコメントを。。。

ちなみに2005年から2009年の調査によると、洗濯機で溺死した5歳以下の幼児は2名(アメリカ国内のみ)。

もっとも溺死が多いのはお風呂で、同期間になんと350人もの幼児が死亡しているとか。その他に庭の噴水や貯水槽などで溺死した幼児が77人。。。


これらに比べると確かに洗濯機で溺死した子供の数は少ないですね。だから安心ってことではもちろんなく、、、

家の中にいるから安全、とは限らないんですよね。

もしかしてトイレのドアをあけっぱなしにしていたら、幼児は頭部が重いからトイレに頭から突っ込んで水を飲んでしまうかもしれない!!

、、、なんて考え出したらきりがないけど、子育てって本当に目が離せないから大変ですね。。。

家の中にも危険はいっぱいあるんだな、と改めて感じたニュースでした。

それにしてもお父さんのコメントが悲しすぎる。。。

posted by おうちマン at 13:16| Comment(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。