2012年04月17日

若者の暴走運転

10日ほど前、我が家から数百メートルの交差点で悲惨な事故が起きました。

17歳の男の子が制限速度を上回るスピードで運転しつつ、携帯電話をいじくっていたようです。

車線変更をしようとした際にコントロールを失って歩道に乗り上げ、たまたまそこを自転車で通りかかっていた親子に激突。

お父さんと娘(9歳)が亡くなるという痛ましい事故でした。。。

そんなショックも冷めやらぬ今日、またまた若者の無謀運転による事故のニュースを見ました。

場所はミシガン州デトロイト。

先週木曜日の夜、16歳の少年 Vollie Brown は盗難車を猛スピードで運転していたそうです。

彼が走っていたのは住宅街。

夜の住宅街をなんと時速112キロから145キロで走っていたというのですから、馬鹿としか言いようがない。。。

そんな猛スピードで走っていた車は、当然のようにコントロールを失い、何度も何度も横転を繰り返しようやく停止。

激しく横転する車内でこの少年の体は、乾燥機の中の洋服のように、ぐるぐる激しく回転。。。

あまりの衝撃力の強さに、なんと少年の首は胴体から切り離され、車外へと飛び出し、45メートルも吹っ飛び、道路上に転がっていきました。。。

連絡を受けた警察が駆けつけると、道路上で頭部を発見。

ところが、彼の胴体は車内になく、周辺にも見当たらない。

おかしい、いったいどこにあるんだ??

と警察が探し回った結果、数時間後になってようやくヘリコプターから「胴体発見!」の一報が。

なんと、事故現場付近にあった建物(2、3階建て)の屋上に胴体があったというのです。

車の残骸は地上にあり、首は45メートル先の路上に、胴体はビルの屋上にあったというのですから、事故の衝撃のすごさがどれほどのものだったのか、想像もできないですね。

ああ、それにしてもなんとバカなんでしょう。。。しかも盗難車だなんて、、、あまりにもあきれてしまい、正直かわいそうとかいう気持ちも起きてこないです。

スピードの出しすぎと、無謀な若者運転にはくれぐれも注意ですね。



posted by おうちマン at 03:05| Comment(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死んでしまった仲間によりそう犬

なんだか、せつなくなっちゃうニュースです。

場所はロサンゼルス近郊。

先週水曜日、La Puente という通り(片側2車線、合計4車線の車通りの激しい道)でのこと。

2匹の犬が道の真ん中にいるのです。

そのうちの1匹、茶色いラブラドールレトリーバーは車に引かれてしまったようで、血を流し、身動きひとつせずに横たわっていました。。。

そしてその傍らには、黒いラブラドールレトリーバーの姿が。

たぶんいつも行動を共にしていた仲良しの2匹だったのでしょう。。。

車がびゅんびゅん行き交う路上で、動かなくなった仲間のそばを離れようとしない黒い犬。。。

その様子に気が付いた人たちが、工事用の赤いコーンを置いて、黒い犬が車に引かれることのないようにしてくれました(写真)。
loyaldog2.jpg

そして通報を受けたアニマルコントロール(動物管理局)の人が黒い犬を保護。

最初保護されたときは、衰弱しており、おびえていた黒い犬も、数日後には大分落ち着いて回復してきた様子。

2匹の犬とも、毛づやも体格もよく、誰かの飼い犬でかわいがってもらっていたように見受けられますが、飼い主らしき人は名乗りでてきていません。

発見時には首輪もつけておらず、識別用のマイクロチップも埋め込まれていなかったとのことで、現在里親を募集しているとのこと。

ニュースで映像が流れてから、動物管理局には問い合わせが多数来ているそうなので、新しい家族に迎えられるのもそう遠くない未来だと思います。

それにしても、死んでしまった仲間の元にとどまっていた黒い犬の気持ちを考えると切ないですね。。。

posted by おうちマン at 02:44| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。