2012年05月30日

日本の不登校学生たちよ、これを見よ!

アメリカは、高校まで(12年生まで)が義務教育です。

そして、学校では優等生を「honor student」と呼び、表彰するところが多いようです。

テキサス州ヒューストンに住む17歳の女子高生 Diane Tran さんは、ヒューストン郊外にある Wills 高校で優秀な成績を収める、Honor student です。

ところが、彼女、6ヶ月に10日間までの欠席が認められている決まりを守らず、それ以上学校を休み、なんと「不登校」の罪で、この度 24 時間刑務所に入れられてしまったのです!

成績優秀、いたってまじめなダイアンさんが、なぜ学校をそんなに欠席したとのかというと。。。

実は彼女、フルタイムでクリーニング屋さんで働き、さらにウェディングプランナーとしてアルバイトもしているという勤労少女。

家族(弟と妹)をサポートするため、高校に行きつつ、仕事を掛け持ちしていたのです。

写真を拝見すると、アジア系の彼女。もしかしたら、移民なのかもしれません。両親のことには触れられていませんが、彼女が働く理由は家族を養うため、というのだから、生活はかなり苦しいのでしょう。

働きつつ、学校を休みがちながらも、成績は全教科Aだそうです。

勤務先の人たちも、彼女はとてもまじめに仕事をしていて、勉強と両立してがんばっていると証言しています。

しかし、彼女が学校をさぼっているという事実は欠席数という数字に表れている、ということで、テキサス州の裁判官 (Judge Lanny Moriarty) により、彼女は24時間の刑務所送りに加え、罰金100ドルを課されたのです。

ダイアンさんは既にこの24時間を刑務所で過ごしたそうですが、この話がニュースになるや、世間の批判が裁判官に集中!

裁判官の理由としては、「けじめはけじめ。一人一人の理由を見て、例外例外などと言っておられるか!」とのことですが、こりゃー、あまりにも杓子定規すぎるでしょう。。。

かわいそうに、彼女の内申書にはこの刑務所送りの事項がばっちり記載されてしまうので、大学進学時に支障がでる可能性もあります。

勉強も仕事にもがんばる17歳の少女を、殺人者や麻薬中毒者、売春婦などありとあらゆる犯罪者と一緒に24時間刑務所にぶち込むほど、「不登校」の罪は重いのでしょうか。。。

世間の非難が集中するのも納得です。

ちなみに、ダイアンさんに同情した人々が募金活動を行い、彼女のために現在4万ドル(320万円ほど)が集まっているとか。

貧富の差が激しいアメリカでは、子供まで一生懸命働いて家族を支えている人たちもいるんですよね。。。

日本の不登校小中学生にもこういう事実があるってこと、知ってもらいたいなぁ。もちろん不登校の理由にはいろいろあるわけで、一概に不登校児をせめるわけではないけれど、日本の子供たちの甘さというのをちょいと考えさせられるニュースでした。


ちなみに、アメリカでは小学生が不登校とか遅刻を繰り返すと、大抵親が呼び出され、親の監督不行き届き!というお叱りを受けます。改善されない場合は、最悪福祉事務所が入って、子供は里親の下へ、、、という場合もあるそうです。
(ま、これももちろん事情によりけりでしょうが。日本よりははるかに遅刻や不登校に厳しいのは間違いありません)










posted by おうちマン at 07:19| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

あきれた子だくさん

とんでもない男がいました。

ノックスビルに住む 33歳の Desmond Hatchett という男です。犯罪者でもなんでもないのですが、その無計画さにはあきれを通り越して、怒りすら覚えます。

なぜって、彼には上は14歳、下は幼児まで、合計30人もの子供がいるから!!

33歳の男が30人もの子供を持つためには、当然複数の女性がいるわけで。。。この男の子供たちの母親の数は、なんと11人!!!

そしてどうやら誰とも結婚はしていないようです。

で、なんで腹が立つかっていうと、こんなにぼんぼん子供を作っておいて、養育費が払えないから、養育費を払ってほしいという申請を州に対して出しているんだとか。

母親たちはそれぞれの状況に応じ、1か月25ドル〜309ドルをこの男から養育費として受け取ることになっているらしいのですが、この男「自分は最低労働賃金の職にしかつけないワーキングプアだから、養育費を払えない」とかほざいているらしいのです。

ね、腹がたつでしょ!

この男が最初に話題になったのは2009年のことで、その時点での子供の数は21人だったとか。ニュースになるということは、その時点ですでにどれだけこの男が非常識か、っていうのが話題になっていたってことですよね!? なのに、その後も子供を作り続けていると、、、

現在の状況は、州が自動的にこの男の給料から半額をとり、母親たちに振り分けているようです。でも、そのやり方に不満なのかなんなのか、州に養育費の支払いを負担してもらえないか、と申請しているというのですから、なんともはや。。。


子供をつくるな!とは法律上言えないでしょうし、、、こういう人にはどう対処したらいいんでしょうかね。

日本で時折放送される子だくさん番組が、なんて平和なんだろう、と思えてしまいます。

posted by おうちマン at 15:51| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

人食いバクテリアの恐怖の続報

5月10日にお伝えした、人食いバクテリアの恐怖の続報です。

健康そのものの大学院生 Aimee Copeland さんが、友達と川下りの最中見つけたジップライン(ターザンごっこができる、滑車でロープを滑るアレです)にチャレンジ。

ところが、そのジップラインのワイヤーが切れ、エイミーさんは足に深い切り傷を負ってしまったのです。

そこから人食いバクテリアがじわじわとエイミーさんの体をむしばみ。。。というところまでお伝えしました。

以前お伝えした時点では、医師によるとエイミーさん生存のチャンスは「ごくわずかからゼロに近い」と言われていました。

その後、エイミーさんの命を守るため、両手ともう片方の足も切断せざるを得なかったようです。。。

しかし、その切断のかいあって、数日後から奇跡的な回復を見せ始めたエイミーさん。

今週火曜日にはなんとイスに座ることができるまでに回復したそうです!

いや〜〜、よかったですね。

看護師の見立てでは1時間も座っていられればいい方だろうと思っていたそうですが、なんとなんと5時間もイスに座り続けることができたとか。

若いだけあって、回復し始めると、案外早いのかもしれないですね。

エイミーさんのその後が気になっている方もおられるかな、と思い、続報をお届けしました。手足を切断しなければいけなかったのはとても残念でしたが、でも、でも、限りなくゼロに近い生存チャンスを見事モノにしたエイミーさん、すばらしいです!

引き続き順調な回復をお祈りします。

posted by おうちマン at 13:52| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。