2012年05月23日

行方不明の女子高生のその後

3月20日にアップしたニュースですが、覚えている方はいますかね?

サンフランシスコ近郊のモーガンヒルという場所で、3月16日の朝7時半にスクールバスに乗るため家を出た女子高生が行方不明になった事件です。 詳細は過去記事「女子高生が行方不明に」をご覧ください。

Missinggirl2.jpg
(行方不明となっている Sierra LaMar ちゃん)

15歳の Sierra LaMar ちゃんの捜索は、行方不明以降、ずっと続けられており、続報もたびたびニュースで流れていました。

そして、今朝、ついに犯人逮捕のニュースが飛び込んできたのです! 行方不明になってから2か月。

目撃者もまったくない状態から、よく逮捕までこぎつけたものだと思います。

犯人は逮捕されたものの、シエラちゃん自身はまだ発見されていません。。。警察は犯人逮捕の報告と同時に、「シエラは既に殺されていると考えられる」という見解を発表しています。。。

昔なら「神隠し」と言われたであろう、シエラちゃんの失踪。警察はどうやって犯人逮捕にこぎつけたのかというと、、

シエラちゃんが行方不明になった後、捜索活動が開始され、その後まもなく彼女の携帯電話が自宅から約1キロの地点で発見されました。

しかし、その携帯は犯人へとつながることはなく。。。

ただ、女子高生が携帯を自宅から1キロの時点に捨てて家出することは考えずらいので、犯罪に巻き込まれた説が濃厚となったのです。

その後さらなる捜索で、今度はシエラちゃんの持っていたバッグが自宅から3キロ程度のところで発見されました。

そして、そのバッグの中にはシエラちゃんの着ていた洋服がきれいに折りたたまれた状態で入っており、警察はそのバッグからある人物の DNA を検出することに成功!

ある人物とは、、、シエラちゃんと同じ町に住む21歳の男で、近所のスーパーに勤める Antolin Garcia-Torres 。

今朝の発表によると、なーんと警察は3月からこの男に目をつけており、昼夜問わず、ひそかに監視を続けていたとか!

捜査上の秘密とはいえ、やっぱ警察っていろいろ隠しているものなんですね。ボランティアや近所の人たちが手掛かりを求めて、あちこち捜索している間にも、既に犯人の目星はつけていたってことですから、、、

警察は先月の時点で、このガルシアトレスの車を押収。その車内からは、「シエラちゃんが車内にいたことを示す」物理的証拠も得られたとか。

そして、昨日警察はガルシアトレスを2時間かけて尋問。その後、シエラちゃんの誘拐と殺害容疑で逮捕に至ったのです。

最初に書いた通りシエラちゃんはまだ発見されていませんが、警察は「シエラが殺されたと推測されるのに十分な証拠」を得ているとのこと。

非常に残念な結果に終わってしまいましたね。。。でも少なくとも、犯人が逮捕されただけ、まだマシでしょうか。

ちなみに犯人とシエラちゃんに事前の面識は一切なく、たまたまシエラちゃんが狙われた偶発的犯行のようです。アメリカでよく言われるあのフレーズですね。。。「AT A WRONG PLACE AT A WRONG TIME...」。

おまけに、ガルシアトレスは過去にレイプ事件を起こしていたようで、近辺で発生したレイプ事件のうち、ガルシアトレスの犯行と思われるものが3件あるようです。

3件のうちの1つ、3年前に起きたあるレイプ事件の犯人と、ガルシアトレスの DNA が一致したことも合わせて発表されました。

過去の事件で逮捕されていれば、シエラちゃんが殺されることはなかったのに、、、

娘を持つ親として、本当に犯人に腹が立ちます!!

シエラちゃんのご遺体が早く見つかりますように。。。

posted by おうちマン at 01:39| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

きれる60歳

オハイオ州ガハンナでのこと。

結婚して34年たつ熟年夫婦が今回の事件の主人公。

60歳の旦那 Thomas E. Edwards は、日曜日の朝、車を買いにディーラーへ行きたかった。

でも妻の Teresa (60歳)とは、ここ1週間ほど、車の購入のことで口論が続いていたらしい。

そして日曜日の朝、車を買いに行きたいトーマスに対し、車購入に反対のテリーサはいまいち気乗りせず、ベッドに寝っころがったまま、ごろごろ。

それに頭にきたトーマス。拳銃を持ち出し、テリーサを脅したらしい。

しかーし、テリーサは拳銃を見ても、ベッドに入ったまま。出かける支度をしようとしなかった。

その様子に完全にブチ切れたトーマスは、なんと4発もテリーサの頭に発砲!!!

34年も連れ添った妻なのに。。。もちろんテリーサは即死。

発砲後、トーマスは自分の姉妹に電話し、「妻を殺してしまった」と告白。

トーマスによると、「もし拳銃を見た時点でテリーサがベッドから抜け出して、自分と一緒にカーディーラーへ行く支度をし始めてくれていたら、撃つことはなかったと思う」とのこと。

カーディーラーなんか一人でいけばいいのに、と単純に思ってしまうのですが、車のような大きな買い物を勝手にしちゃうと、また後でもめるもとになるから一緒に行こうってことだったんですかねぇ。

それにしてもまさかこんなことで殺されちゃうとは奥さんも思わなかったでしょうに。

でも、この旦那実は DV (家庭内暴力)の前科があり、2001年と2005年に逮捕されているんですねぇ。

2001年にはやはり銃を持ち出して脅迫したようなので、きっと妻は今回も脅しだと思ったんでしょうねぇ。

しかし殺害してしまうなんて、究極の DV ですね。

長年連れ添った夫婦で、60歳という年だと、なかなか離婚には踏み切れなかったのかもしれませんが、いつかはあの人も落ち着くかも、、、なんて思っていたら、とんでもない結果が待っていたと。

奥さんもこんな亡くなり方じゃ、うかばれないですね。旦那はもちろん殺人罪で逮捕されています。





posted by おうちマン at 12:12| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

家に帰ったら愛犬が射殺されていた。。。

今朝、何気にニュースを見ていたら、、、

カリフォルニア州バレイホという市で昨日起きた事件が報道されていました。

どんな事件だったかというと。。。

バレイホに住むごく普通の一家には、小さい子供(幼稚園から小学校低学年くらい)が二人、両親、それに数匹の犬たちがいました。

実はこの家族、ID 窃盗(家に来たダイレクトメールを盗み出し、個人情報を得て、勝手に借金したりなどあくどいことをやる)の被害にあったらしいのです。

そして数日前、その件についてバレイホ警察へメールで連絡。

その後警察からの連絡はなく、数日たった昨日、直接バレイホ警察の警察官がこのお宅にやってきました(さらに詳しく事情を聴くためと思われる)。

ところが、警官が来たときにこのお宅は留守にしていたのです。

すると、そんな警官に飼い犬の一匹(ラブラドールレトリーバー系の雑種、11歳)が、うなりながら攻撃的な態度をみせたとか(by 警官)。

身の危険を感じた警官はこの犬をその場で射殺してしまいました。。。

犬にとってみれば、警官とはいえ、家族の留守中に自宅敷地内に侵入してきたヤツなのですから、番犬として威嚇するのは、ごく当たり前の行動ですよね(犬はテリトリー意識の強い動物ですし)。

犬として当然の態度をとったのに射殺されてしまうなんて。。。

家に帰ってきた家族は、犬が射殺されているのを発見してびっくり!!!

そして今朝のニュースにはこの家のご主人が出ていました。そして、このご主人の発言に私はまたびっくり!!

「犬を射殺した警官は謝ってほしい、で、そのあとは子供たちと一緒に遊んでくれさえすればいいんですよ〜。」とのこと。

えええ!! そこ!?

前半部分の「謝罪を求める」には納得。でも後半部分の「子供と遊んでくれれば」って意味不明。。。(子供たちのかわいがっている犬を射殺したお詫びにってことでしょうか?)

日本でこんなことが起きたらえらい騒ぎになるんでしょうねぇ。。。警官が犯人とかを追っていて発砲すると、後でかならず「あの時の発砲は適切だった」みたいな発言が発表されますもんねぇ。

アメリカでは、実は、こんな飼い犬射殺事件珍しいことではありません。これまでに何度も同様の事件を耳にしたことがあります。

警官が玄関での応答がえられず(家族が留守だった)、勝手に門を開けて裏庭へまわり、裏庭から家の様子をうかがおうとすると、裏庭にいた犬が「侵入者だ!」と吠えて「攻撃的な態度」を見せたから射殺した、なんて事件もありました。

勝手に裏庭に入り込んだら、だめですよねぇ。犬には「あ、警察官だ!」なんてわからないんですから。

人間のエゴをここでも感じますねぇ。。。

posted by おうちマン at 02:31| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。