2012年06月05日

本屋での過剰反応

アリゾナ州スコッツデールにある大手チェーンの本屋 Barnes & Noble でのこと。

73歳のエジプト出身の男性 Omar Amin さんは、ウィスコンシン州に住む二人の孫への贈り物を探すために、本屋にやってきました。

児童文学セクションで孫のための本を物色していたオマールさん。

ところが、男性一人が子供向けセクションにいることを、ある女性客は不審に思い、店員に通報。

すると、店員は一方的に女性の願いを聞き入れ、オマールさんに「店を出て行ってください」と言って、彼を追い出したのです。

遠方に住む孫のために本屋の絵本とかが置いてあるセクションにいるなんて、ごくごく当たり前の光景ですよね。もちろん、外から見て、そんな事情が分かるわけではないですが。

本屋なんだから、いろんな人がいろんな本を買いに来て当たり前なのに。。これが男性じゃなくて、おばあちゃんが一人絵本セクションとかにいたら、何にも言われないんでしょうね〜〜〜。

女性客がオマールさんの行動の何をみて、そんな通報をしたのかまでは分かりませんが、まぁ、何か不審を招く行動をした、ということでしょうか。。。。それにしても客を店から追い出すなんてやりすぎでしょ〜〜〜。

店員がオマールさんに「何をお探しですか?お手伝いしますよ」って声をかければ済むことだったのにね(彼が本当に子供を狙う性犯罪者だったりしたら、その声掛けで退散するでしょうし)。

ちなみに、新聞社が Barnes & Noble に今回の一件について問い合わせしたところ、広報担当の女性は「お問い合わせの一件に関して、特にコメントはありません。適切な対応がとられたと思います。」と回答。

でた〜〜〜、謝らない国、アメリカ!!!

どんな事情があるにせよ、お客様の一人に不愉快な思いをさせたことは間違いないんだから、その件についてだけでも謝罪したら??と思ってしまうのですが。謝らないんですよねぇ。

ニュースの最後には、「エジプト出身だけど、45年前にアメリカ国籍を取得したオマールさんは、Barnes & Noble 側が自分の苦情を真剣に受け入れてくれない」と憤っていると結ばれています。

オマールさんのプロフィールまで紹介しちゃうあたり、アメリカの深い闇がちょびっと感じられませんか?彼の名前は中東方面でよく見られる名前なので、Barnes & Noble 側が人種差別をしたわけではないですよ、というのを伏線として張るために、わざわざニュース記事で彼がどれだけ長いことアメリカ市民として暮らしているのかを記載したんでしょうね。

こんな小さなニュースの中に、「何気ない日常のヒトコマでも性犯罪者ではないか!?と恐れる」アメリカの母(それだけ犯罪が多いということ)、「謝らない文化」を持つ国アメリカ、「中東との問題」が垣間見えるなんて、すごいですよね。。。




posted by おうちマン at 03:15| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。