2013年11月10日

死刑執行されたティーンエイジャー

過去100年の間にアメリカで処刑されたもっとも若い犯罪者の年齢って何歳だと思いますか?


18歳?17歳??


18歳ならなんとなくありそうかな。なんせ犯罪大国だし!!

と思っていたら、なーんと答えは14歳!だったのです。

14歳で死刑っていったいどんな大犯罪を引き起こしたのかというと。。。

当時7歳と11歳の女の子二人を撲殺した殺人罪だそうです。

確かにこれだけ聞くと、うーん、、、罪のない少女二人を撲殺なら、14歳での死刑執行も仕方ないのか、と一瞬(いや本当に一瞬だけですよ)思っちゃいそうですが。

どうやらコトはそんな単純ではないようで。。。

そもそもその事件が起きたのは今から70年も前の1944年3月のこと。場所は米国サウスカロライナ州。

この事件のキーワードは「人種」です。被害者の女の子たちは白人、殺人犯として処刑された男の子は黒人でした。

当時その地域では、有色人種と白人の居住区域は分けられ、お互いが混じりあうことはなかったようです。

まだまだ人種差別が色濃い時期だったのですね。。。

7歳11歳の白人の女の子たちは、1944年3月のある日、突然黒人居住区域の野原に現れます。14歳の George Stinney (黒人)は自分の妹や弟と一緒に飼牛の放牧をしていました。そこに現れた白人の女の子たちは、ジョージたちに「この辺に maypop (チャボトケイソウ)が咲いてるらしいんだけど、どの辺に咲いてるのか知らない?」と聞いてきました。

ジョージは「知らない」と答え、女の子たちはその場を立ち去ったそうです。

しかし、その晩彼女たちは家に戻らず、行方不明に。大がかりな捜索が行われた結果、翌朝、頭部を固いもので滅多打ちされ、道端の水たまりで死んでいる彼女たちの遺体が発見されました。。。

捜査を開始した警察はやがて「殺された女の子たちとジョージが話しているのを見た」という目撃情報を得、すぐにジョージを逮捕。

わけがわからぬまま自宅から連行されたジョージは、その後、裁判が終わるまで(=死刑が確定するまで)、家族の誰とも会うことを許されなかったそうです。

ジョージの父親は速攻で職場を解雇され、家族で住んでいた従業員寮も追い出されてしまいました。

ジョージの逮捕から死刑確定までの間、ジョージの家族は「他の家族もジョージと同じように濡れ衣を着せられ、死刑にされてしまうかも」と思うと、怖くなり、騒ぎ立てることをせずに、残された家族を守る決意をしたようです。。。結果、世間に騒がれることもないまま、ジョージは死刑に。

現在、ジョージは無罪であっただろうと多くの人が信じています。当時の裁判資料はなく、残っているのは手書きのわずかなメモだけ。

ほぼジョージの「自白」に基づいて、判決が下されたこの事件。一節によると、ジョージが「自白」したのは、アイスクリームと引き換えだったとか、家族も同じ目にあうと脅されたとか、言われています。

14歳で死刑が確定したジョージは、事件発生からわずか84日後に電気椅子によって処刑されてしまいました。。。

ジョージの写真がサイトに載っています。まだまだあどけなさが残っている少年です。

ひどいもんですね。。。

今から数年前のこと。ある白人男性が死ぬ間際「あの事件の犯人は自分だ」と語ったという噂も聞かれます。おまけに当時95パウンド(43キロ)のジョージに少女二人を殴打して殺害し、発見現場まで引きずって放置することは難しかったとの見解もあるようです。

しかし、どうして今から70年以上も前の事件が今さら取り上げられるようになったのか、不思議ですよね。

実は、ジョージの無実をはらそうと試みている支援グループがいて、最近になって、再審を求めて裁判所への訴えが起こされたからです。

再審が開かれるかはまだ定かではありませんが、14歳のジョージの無念がはらされる日が来るといいな、と思います。

posted by おうちマン at 13:45| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お国柄の違いかな

フィリピンに大型台風が直撃して大惨事になっているようですね。

今外出先から戻った私が、読売新聞のサイトをみたら、死者は1200人以上か、と書いてありました。

その後すぐにアメリカのニュースサイト(Fox News) を見てみたら、死者は10000人以上か、と書いてありました。

どちらのニュースも確定値ではないのですが、慎重な日本、大胆なアメリカ、の縮図がちょっと垣間見れたような気がします。

日本だと後で文句言う人とかいるから慎重なんですかね??
posted by おうちマン at 10:39| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

たばこ買ってくれよぉ、の結末

さ、久しぶりのアメリカの三面記事です。

事件の舞台はアイオワ州。

月曜日のこと、19歳になる息子 Tyler Comstock と、その父親 James Comstock は造園業の現場で一緒に働いておりました。

父親のジェームスによりますと、どうやら息子タイラーが「たばこを買ってくれよ」とねだったことから事件が始まったようです。

アメリカの喫煙可能年齢は18歳なので、どうして19歳のタイラーが父親の許可を得なきゃいけなかったのかは、定かではありませんが、各家庭のルールってありますからね。もしかしたら単に手持ちのお金がなかったから、父親にたばこ買って、って頼んだだけかもしれないし。

なにはともあれ、息子の願い(たばこ買ってくれ)を父親は断りました。

すると腹を立てた息子のタイラー、造園業者のトラックを奪い取って乗り去ってしまったのです。

そんな息子の行動に腹を立てた父親は、警察に通報。息子がトラックを盗んで乗り去ったと告げました。

警察は「正式に盗難届を出してもらうことになりますが、いいんですか?」と父親に確認。すると、父親は「盗難届を出す」ことに同意。

父親の意向を受けて、警察は息子タイラーを追跡。

目立つ造園業者のトラックは簡単に見つかり、警察はタイラーにトラックを停めるように指示。しかしタイラーは従わずに走り続けたようです。

そして舞台は最終現場となるアイオワ州立大学の構内へ。。。警察に追われる形で大学構内に乗り入れたタイラー。途中警察車両との衝突などもあったようですが、いよいよ追い詰められて停車。

警察はエンジンを切るようにタイラーに言うも、タイラーはそれを無視してエンジンをふかしまくり(車自体は停まっていたようです)。


そして次の瞬間。警察は拳銃を発射。6発のうち2発がタイラーに命中し、タイラーは病院に運ばれたものの死亡してしまいました。。。。


なんてことのない日常よく見られる親子喧嘩。父親は息子を懲らしめるつもりで警察に通報したのでしょう。でもまさか射殺されてしまうなんて夢にも思わなかったのではないでしょうか。

父親によると、射殺されたタイラーは丸腰で武器を持っていなかったとのこと。

若さゆえ、頭に血が上り、父親なんてくそくらえ、警察なんてくそくらえ!くらいな気持ちだったんでしょうか。自分の思い通りにならない幼児がダダをこねるように。。。

しかしここはアメリカ。警察の指示に従わないと、射殺されてしまうのです。相変わらず恐ろしいですね。。。

この事件、実はちょっとした問題になっているようです。

警察の無線のやり取りもネットに出回っていますが、警察に追われむちゃな運転を続けるタイラーを危険と判断した人もいたようです(警察側)。で、運転手も分かっているし(タイラー)、車は目立つ造園業者のロゴ入りだから、とりあえず追跡はやめ(カーチェイスで無理な運転の結果、一般市民を巻き添えにしないようにするため)、後で逮捕したらどうか、と無線で提案していたのです。

ところが、追跡をしていた警官は追跡をやめることなく、最終的には丸腰のタイラーを射殺してしまったと。。。

父親は「こんなことになるなんて。。。」と茫然自失の様子。

いくらアメリカでも、「発砲を避けることができたシチュエーションではなかったのか!?」と問題になっているとか。

親子喧嘩(しかも命の危険がない)の末に、警察に通報しちゃう父親もなんですが、警察の指示に従わないからというだけで射殺しちゃう警察もどうかと思いますよね。

ああ、相変わらずアメリカです。





posted by おうちマン at 02:49| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。