2013年11月13日

結婚式からわずか1週間で

モンタナ州出身の Jordan Graham は22歳の新妻。25歳の Cody Johnson さんと7月1日に結婚したばかりの新婚ホヤホヤでした。

本来なら幸せ真っただ中のはずの二人でしたが、旦那のコーディさんはもうこの世にいません。

二人に一体何が起きたのでしょう。


妻ジョーダンの証言によると、、、

それは挙式からわずか7日後のこと。
「結婚する時期が早すぎた。もっと待ってから結婚すればよかった」と訴え、結婚を後悔する妻。
そして二人は口論に。
旦那の提案で(気分転換のためか?)二人はグレイシャー国立公園にやってきたものの、口論はさらにエスカレート。
崖の上のハイキングコースを歩き続けながらも、口論を続ける二人。
旦那コーディは、まるで子供をなだめるかのようにジョーダンに語り掛け、彼女の腕をつかんだそうです。
ジョーダンはその腕を振り払うと同時に、かっとなってコーディさんの背中を両手で押してしまいます。コーディさんはそのまま崖下へと死のダイブ。。。

↓グレイシャー国立公園のハイキングコース(今回の現場かどうかは不明)↓

graicier park.jpg
ジョーダンはコーディさんを助けようともせず、現場を離れ、しかも警察にも誰にもそのことを知らせませんでした。次の日、コーディさんが職場に出勤してこないことから、彼の行方不明があきらかに。

最初ジョーダンは、「コーディは7月7日夜に友達と出かけたまま行方不明」と警察にうその報告をします。

警察はコーディさんの行方を探すべく、ボランティアなどど協力して捜索を開始。

騒ぎが大きくなってきてしまったので、警察に手を引いてもらいたいジョーダンは、3日後にパークレンジャー(国立公園の保護官)をとある現場へと連れて行きます。

その現場とは、、、ジョーダンがコーディさんを突き落した崖。しかし彼女は「コーディは死ぬ前に見たい景色」としてその場所を挙げていたから、もしかしたらここで発見できるかと思って。。。とあくまで自分はコーディ―の死に関係がないかのような発言をしています。

結局、すべてがばれ、グレイシャー国立公園に一緒に行ったことを認めたわけですが、、、

彼女の言い分によると、「パニックになったのと、自分の言い分なんてきっと信じてもらえない」という恐怖心から嘘をついたとのこと。しかし、ジョーダンはコーディさんを突き落して殺害した夜、自分の友人にテキストメッセージを送り「コーディと今晩話し合うわ」と、彼が生きているかのように偽装工作をしているのです。

ジョーダンは第2級殺人罪で起訴され、現在裁判(12月9日予定)待ちで拘留されています。

今日のニュースで、新たに「コーディさんの遺体のそばに落ちていた布きれ」について報道がされていました。

検察側は、この布はコーディさんに目隠しをした上で、ジョンソンが彼を突き落した証拠であると主張しています。現在 DNA 検査の結果待ちとか。

ジョンソンの弁護士は、今更新証拠が出てくるなんておかしいし、口論しているのに旦那がおとなしく目隠しなんてさせるわけがないだろう、とこの新証拠を否定。新証拠として取り上げられないように争っているそうです。


と、これが事件のあらましなのですが、新妻ジョンソンかなりクロに近いというのが私の印象。彼女の言うとおり、口論の末ついかっとなって、、、ってことなら、普通すぐに通報しませんか?100歩譲って怖くなって現場から立ち去ったとしても、嘘の証言を警察にいうことや、アリバイ作りに友達を利用したりするとかっていうのは明らかにオカシイ。

旦那のコーディさんはジョーダンを愛していて、結婚するのをそりゃー楽しみにしていたそうです。

若気の至りや勢いで結婚しちゃうことってありそうだけど、結婚してわずか1週間で旦那を殺害っていうのはなかなかないですよね。離婚すればよかったのに。





posted by おうちマン at 04:16| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。