2011年09月29日

連れて行かれた・・・?

2011年9月28日 − カリフォルニア州イーストパロアルト


今朝、運転中にラジオから流れてきたニュース。


今朝イーストパロアルトでオートバイとRV車がぶつかる事故があり、オートバイに乗っていた人が即死。

その事故現場周辺は通行止めとなってしまったせいで、Uターンして1本隣を併走する通りに車が集中。


そのため、この通りではいつもよりも大分交通量が多かったそう。車(セダン)車(セダン)車(セダン)


そこへ、学校へ行くために6歳の女の子が家族と共に歩いてやってきた。横断歩道を渡っていたところ、車にひかれ、この女の子も即死してしまった。。。というニュースだった。 もうやだ〜(悲しい顔)


ちなみに、この女の子をひいた車は学校の先生とのこと(この女の子の通っている学校ではなかったが)。


みんな朝は忙しいから遅れまいといそいでいる。おまけに、いつもの道がオートバイ事故で通行止めになって、なれない道を走っていたという可能性もあるだろう。。。


このニュースを聞いたとき、私の頭の中に遠い昔のある出来事が思い浮かんできた。


それはまだ私が小学校高学年の頃。


当時我が家ではシェルティ(コリーの小さいやつ)を飼っていた。犬

田舎なのであまりシェルティを飼っている家はなかったが、近所に1件だけ同じシェルティを飼っている家があった。


シェルティ飼い仲間として、散歩の途中にその家の前をよく通ったりしたものだ。


そんなある日。この近所のシェルティ飼いお宅のご主人が交通事故でなくなってしまった。近所とはいえ、直接の付き合いはなかったので、実はこの事実を私たちは知らなかったんだけど、思いもよらぬ形で知ることとなってしまった。


なんと、散歩の途中に我が家の愛犬が私たちの目の前で車にひかれてしまったのだ!!もうやだ〜(悲しい顔)


車から出てきた運転手は喪服。。。そして、「実はXXさん(ご近所のシェルティの飼い主さん)が交通事故で亡くなり、今お葬式の手配やらなんやらでお手伝いしているんです。そんな事情なので急いでいまして。。。。ごめんなさい。。。」といわれたのだ。


結局うちの犬は動物病院へ運ぶ途中で死んでしまった。。。


私たち家族が思ったのは、、、、きっと亡くなったXXさんが寂しくって同じ犬種であるうちの犬を連れて行ってしまったのだ、ということ。自分の家の犬を連れて行ったのでは、残された奥さんが寂しがるだろうと。。。


ええ、ばかげた考えだということは百も承知。。。でも、あまりのタイミングにそう思わざるを得なかったのだ。。。


そして、今朝聞いたニュース。


最初に亡くなったオートバイの運転手も、その後に亡くなった女の子も、名前などの詳細情報は一切報じられてないので、詳細は不明。


でもなんとなく、20数年前のあの日の出来事を思い出してしまった私でした。。。


もしかして、連れて行かれちゃった・・・?



参考:cbs news, ktvu


posted by おうちマン at 14:12| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。