2011年10月21日

動物たちが逃げ出した!の続報

2011年10月20日 − オハイオ州マスキンガム郡


昨日取り上げたニュースの続報をご紹介。



逃げ出した動物たちの射殺と捕獲が終了したようです。


結局、射殺された動物は48頭。その中には、珍しい種のベンガルトラ(18頭)、ライオン17頭、ブラックベアー6頭、グリズリーベア2頭、マントヒヒ、オオカミ、マウンテンライオン(3頭)が含まれていたとか。


よくこれだけの動物を飼う金銭的余裕があったもんだと、びっくりです。エサ代だけでえらいことになってたでしょうし、動物たちの世話するための人材も雇っていたようですし。目


動物たちのオリやフェンスが開け放たれていたのは、結局オーナーであるテリー トンプソンの仕業だったようです。


何を考えていたのかわからないけど、あらゆる動物のオリを開け放った後、拳銃で自ら自殺したことが判明。

彼の自殺後すぐに、トラが彼の頭をばっくし噛んだ後が残っていたそうな。


しっかし、はた迷惑な話ですね。


ちなみに、ヒョウ6頭、グリズリーベア1頭、サル2匹だけは保護されて、コロンバス動物園へ移送されたとか。少ない数だけど、皆殺しだけは免れてよかったですね。


すべての動物が死体または保護されて確認されたので、どうやら一件落着したようです。


それにしても、ベンガルトラ18頭って、、、、



参考:foxnews
posted by おうちマン at 02:40| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。