2011年10月31日

夢遊病で行方不明

オクラホマ州オクラホマシティに住む10歳のJasmen Gonzalezちゃんは、テキサス州キャロルットンに住む親戚の家に遊びに来ていたそうだ。


10月29日(昨日)の夜、ジャズミンちゃんは親戚のうちのベッドで寝ていた。午後11時45分頃、ベッドで寝ているジャズミンちゃんが確認されている。


その後、なんとジャズミンちゃんは夢遊病でパジャマにはだしの姿で、誰にも気づかれることなく、家を出て行ってしまったらしい!!


こ、こんなことがあるんですね。。。目


夢遊病は英語で「Sleepwalking」。「Sleep」=寝る、「Walking」=歩く。うーん、まさに字面どおりのことが起こってしまったんですねぇ。


ジャズミンちゃんが失踪したその夜の気温は、3.8 度。 真冬の朝なみの気温です。


そんな寒さの中、パジャマ姿でふらふらと玄関の鍵を開け、玄関のドアを開け、10歳の女の子が歩いていく。。。


夢遊病だと知らなかったら、かなり怖い光景ですよね。街であったら幽霊だと思うかも!?


っていうか、そんな寒さでも目が覚めないものなんですかねぇ。最悪の事態としては、夢遊病で歩いているジャズミンちゃんを誰かが連れて行っちゃったとか、、、


オクラホマに暮らすジャズミンちゃんは、テキサスの地理にまったく詳しくないので、警察もかなり必死で捜査しているよう。


そして、捜索から10時間が経過した今日。ジャズミンちゃんと同じヒスパニック系の女性の遺体が発見されました。

でも今の時点ではそれがジャズミンちゃんだったのかは、まだ発表されていません。


ジャズミンちゃんにいったい何が起きたのか。


夢遊病って怖いなぁ。。。

posted by おうちマン at 11:59| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。