2012年03月28日

親権争いにFBIが

事件の始まりは2007年のこと。

夫 Jeffery Shipman と妻の Lioubov Shipman は夫婦仲が破綻し、離婚を決意。


詳細は不明ですが、当時3歳だった娘の親権は母親の下へ渡ったようです。


アメリカではよっぽどの事情がない限り、父親と母親の共同親権になります。


母親へ単独親権が渡ったということは、なにか共同親権が認められない事情が父親のほうにあったんでしょう。。。


親権を与えられなかったジェフリーは、裁判所の指示を無視し、娘を連れて国外へ逃亡してしまいました(2007年7月)。


ジェフリーが逃げた先は、なんとタイ。


どうしてタイなんでしょうかね???(ジェフリーは思いっきり白人で、タイに親せきやコネがあったとは到底思えないのですが。。。)


母親は失意の中、母国ロシアへ帰国。。。


そして誘拐事件から5年が経過し、娘さんは8歳になりました。


娘さんとジェフリーは相変わらずタイに住んでいたようです。


そこへなんとFBIが登場! 父親は「親権を持たない親による国際誘拐罪」によってバンコクで逮捕。


娘さんはアメリカへ連れ戻されました。健康状態も良好なようです。


その知らせを聞いた母親も、娘と再会するためにロシアから渡米。


ニュースでは母親と再会できたのか、までは書かれておりませんでしたが、今頃はきっと再会を果たしていることでしょう。


このニュースでちょっとびっくりしたのは、なんと、ジェフリーはFBIの「Most wanted list」に載っていたということ。


親権を持たない親が自分の子供を連れて国外へ逃げちゃうと、FBIに指名手配されちゃうんですよ!!しかも、「Most Wanted」です。ひえ〜〜〜。


ジェフリーの場合、最初に国外脱出した時、イギリスが行先だったようです。だから、FBIが絡んできた、ってニュースに載ってましたが、このあたりの関係がいまいち不明???(すいません、知識がないもんで)

なんで逃亡先がイギリスだと、FBIが絡むのか??


国同士の協定とかがあるのかな??


でもさすがFBI。イギリスからタイへ移動したジェフリーたちを5年もかけて探し当てたのですから。それにしてもすごい執念。。。


しかし、ある日突然母親から引き離され、父親に異国の地へ連れて行かれ、タイで5年も暮らしていた娘さん、、、

もはや父親と暮らすことはないでしょうから、5年間も離れていた母親と暮らしていくわけですよねぇ。。。その母親も外国人で、本拠地はロシアってことですから、、、、なかなか慣れるまでに時間がかかりそう。。。


親のエゴで振り回される子供、たまったもんじゃないですね。


それにしても国際結婚は難しい!!

(今回は逆でしたが、大抵外国人である親が共同親権に満足できず、自国へ連れて帰っちゃうっていう事件が多いんですよね。。。)

posted by おうちマン at 14:24| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。