2012年05月09日

画家トーマス キンケードの死因

画家のトーマスキンケードさんって知ってますか?

私は名前を聞いたことはあったけど、実際どんな絵を描く画家さんなのか知りませんでした。

ちょっとググってみたら、なんとも素敵な絵を描かれているんですね〜〜。

光の取り入れ方がとってもきれい。

picture1.jpgpicture2.jpg

日本ではジグソーパズルの図案としておなじみらしいですが、アメリカでは結構名前の知られた画家さんのようです(私でさえ聞いたことがあるくらいですから)。

Thomas Kinkade Company という会社を通し、作品を複製していろんなギャラリーで売っていたことから、アメリカの家庭の20軒に1軒はトーマス キンケイドの絵があるといわれているそうです。

そんなトーマスさん、かなり名前が知られていることからかなり年配、もしくはもう亡くなられている方なんだと、勝手に思い込んでいました。

ところが、今朝ラジオから流れてきたニュースで、「先ごろ亡くなったトーマス キンケイドの死因が判明」とか言ってるじゃないですか。

あら、まだご存命だったのね、と失礼なことを思いつつ(いや、もう亡くなっているからご存命じゃないか)、ニュースを聞いてみると、、、

死因がドラッグとアルコールの過剰摂取によるもの、と判明したとのこと。ちなみにお亡くなりになったのは4月6日のことだそうです。

ここ数年は妻との離婚問題、愛人問題、金銭問題といろいろ苦労を抱えていたようですが、、、、

なんと彼、まだ54歳の若さだったんですねぇ。

もったいない。。。マイケルジャクソンにしても、ホイットニーヒューストンにしても、どうして才能あふれる人たちが、こんな若くして亡くならなければならないのか。。。

ドラッグとアルコールの問題って、いわゆるスラム街とか、ギャングとか、犯罪者とか、そういう人たちの間だけの問題ではないんですよね。

むしろ、お金持ちの方がドラッグ買えるお金があるので、処方箋の必要な薬(鎮痛剤とか)を手に入れやすいんですよね。。。

ニュースでは、これで彼の絵の価値があがる、とか言ってたのも、なんだかむなしい気分にさせられました。。。

posted by おうちマン at 05:25| Comment(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!こんにちは。
私は西日本在住のyokkosanと申します。
トーマス・キンケードさんの事を知りたくて
キーワード検索からこちらにお伺いしました。
素晴らしい絵に魅せられて引き寄せられました。
他の記事も楽しく読ませていただきました。
また遊びに来ますね!
Posted by yokkosan at 2013年02月27日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。