2012年05月10日

人食いバクテリアの恐怖

ほんの1週間前まで健康で元気はつらつとしていた24歳の娘が、1週間後の今、足を切断された上、重体に陥っている。。。

親にとっては悪夢のような出来事ですね。

先週火曜日のこと、24歳の大学院生 Aimee Copeland さんは、友人たちと一緒にカヤックでの川下りを楽しんでいました。

ふと、誰かの手作りのジップラインが川沿いにあるのを発見。ジップラインとは、終点の方が低くなるように空中にワイヤロープを張り、人が滑車でぶら下がって移動できるようにした遊具です。

日本だとアスレチックとかにあって、ターザンごっこができるやつ、といえばわかりやすいかな?
(余計わからないって!?)

エイミーさんはこのジップラインをやってみることにしました。

ところが、エイミーさんの体重が支えきれなかったのか、古いジップラインだったのか、運が悪かったのか、、、エイミーさんがジップラインをやっているとき、ワイヤーが切れ、彼女の左足ふくらはぎがざっくり切れてしまったのです!!!

ああ、痛そう〜〜〜。

すぐに救急病院に行ったエイミーさん、22針ホチキスで止められ(最近は縫うのではなく、ホチキスみたいにパチンパチンととめるようですね)、市販の痛み止めを飲んでおくように、と言われて処置は終了。

ああ、災難だった。。。と思い病院をでたエイミーさんでしたが、その痛みは増すばかり。

痛みに我慢しきれず、翌日の水曜日に再度病院を訪れたエイミーさん。今度は処方箋が必要なちょっと強めの鎮痛剤を出してもらい、帰宅。

しかし痛みは和らぐどころが、増す一方。おまけにエイミーさん血色も悪く、元気までなくなってきてしまいました。

心配した友人が金曜日の朝、エイミーさんを病院へ担ぎ込むと。。。そこで初めて、エイミーさんが壊疽性筋膜炎(人食いバクテリア)におかされているいることが分かったのです。


しかし、医者が人食いバクテリアの存在に気が付いたときには、もうすでにエイミーさんの左足はかなりやられていました。。。

命を守るために、左足を根本から切断。

腹部の一部の皮膚もすでにこの人食いバクテリアにやられていたので、その部分も切除。

足の切断後、エイミーさんは若干回復の兆しを見せましたが、それもつかの間、翌朝には熱が上がり、主要な内臓5つが機能を停止。。。

エイミーさんは現在も、瀕死の状態で、体内をむしばむ人食いバクテリアと闘っているそうです。

医療費がバカ高いアメリカでは、このような急にお金がいる状況になった場合、寄付金を募って医療費の足しにすることがよくあります。

今回のエイミーさんの場合も同様で、フェイスブックで金銭と輸血用血液の寄付を求めているそうです。

それにしても、楽しいカヤックでの川下りがこんなことになるなんて。。。

自然界には怖いバクテリアがいるものですね。。。

安全性のわからない遊具で遊ぶときは気を付けましょう。

「君子危うきに近寄らず」ですね。




posted by おうちマン at 02:36| Comment(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。