2012年05月25日

高齢化社会!

カリフォルニア州バーバンクでのこと。

ニュース自体は、ありふれた(といっては失礼ですが)交通事故のもの。

でも、この交通事故がニュースになったのは、交通事故の被害者が101歳のおじいちゃんで、加害者が91歳のおばあちゃんだったから!!!

いや〜、日本も高齢化が進んでおりますが、アメリカもなかなかですねぇ。でも日本とアメリカの大きな違いは、出生率の違いですが、、、(日本は 1.3 に対して、アメリカは 2.1)。

事故が起きたのは火曜日の午後8時15分頃。

道路を横断していた Otto Jensen さん(101歳)は、あと少しで道路を渡りきる、というところでMary Beaumont さん(91歳)が運転する車にはねられてしまいました。

オットさんはすぐに病院へ運ばれたものの、死亡。

運転手のメアリーさんは、事故現場で停車したそうです。が、年齢によるものなのか、その場で逮捕されることもなく、違反切符を切られることもなく、自宅に戻ったようです。

う〜ん、それにしても91歳で夜間運転するなんて、すごいですね。うちの母、60代半ばですが、夜間と雨の日の運転は怖いといって、できるだけ避けております。

アメリカのほとんどの地域では、車を運転しないと生活が不可能なので、91歳になっても運転していたってことでしょうが。。。

車の運転ができなくなると、必然的に一人暮らし(またはお年寄りだけの暮らし)が難しくなるので、いわゆる老人ホーム(支援施設とかも)へ移られる方が多いようです。

で、そうなると、スーパーへ行くにもみんなでバスにのっていかなければいけないという、、、たまにスーパーでお買いものしていると、そういった方々に出くわしますが、自分の好きなときにお買いものにも行けないなんて、アメリカで年を取るというのは不便だなぁ。。。と思います。

posted by おうちマン at 02:09| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。