2012年05月25日

33年前の行方不明事件が解決!?

事件の発生は、今から33年前の1979年5月25日のこと。

当時6歳の Etan Patz くんは、一人でバス停へ向かって歩いていく途中に行方不明となってしまいました。

missingboy.jpg

家族は必死にイーサン君の行方を探すも、見つからず。。。

アメリカでは、以前、牛乳パックに行方不明児の顔写真が印刷されていたようですが、このイーサン君がその第一号だったのです(ちなみに、現在では行われていないように思います。見たことがないので。インターネットが普及する前の手段だったんですかね? 現在私の住む地域(サンフランシスコ郊外)では、無料で配布される広告のすみに行方不明者の顔写真と情報が印刷され、配布されています。)


おっと脱線してしまいましたね。。。

イーサン君の家族は、「いつか息子が帰ってくるかも」という願いのもと、現在に至るまで、当時と同じアパートに住み続けているそうです。

そして今日、現在ペンシルバニア州で服役中の男が、イーサン君の行方不明、殺人事件の犯人であると思われるとニュースで取り上げられ、事件は大きく解決に向けて動き出したのです!!!

その男とは、現在68歳の Pedro Hernandez。8歳の男の子へのいたずら行為による罪で、刑期20年を受け、現在服役中。まもなく、その刑期をおえ、この11月に出所予定らしいのですが、ここにきて、「イーサン君をいたずら目的で誘拐しようとしたこと」を認めたようです。

ただ今回のニュースはすべて「のようである」「と伝えられる」など、あいまいな表現が多用されており、警察から逮捕の正式発表はないので、あくまで「犯人である可能性が非常に濃厚となった」状態のようです。

もう一人の容疑者として名前が挙がっている人物がいます。その人物とは、現在75歳で元建設作業員の Othniel Miller という人物。

この男は、イーサン君が行方不明となる前の日の晩に、イーサン君と会っていたのが目撃され、この男の作業場がイーサン君の通うバス停への道すがらにあったことから、疑われているそうです。

ただ、先のペドロが事件への関与を認めるような供述をしているのに対し、こちらのオサニエルは事件への関与を一切否定しているとのこと。

33年目にして、なにやら急展開ですねぇ。

ペドロが現在服役している罪状から考えても、やっぱこの男があやしいですよね。。。

もっとはっきりしたことがわかったら、このニュースはまたお伝えしたいと思います。

posted by おうちマン at 02:37| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。