2012年06月08日

パワーウィンドウの恐怖

明日、日本から両親が遊びにやってくるので、しばらく更新できないかも〜、ということでもういっちょいっときます。

ちょっと前のニュースなのですが、私は今朝気が付きました。警鐘を鳴らす意味を含めて、ご紹介したいと思います。

イリノイ州ウィリアムソン郡でのこと。

6歳の男の子が、ひいおばあちゃんの運転する車にのっていました。(ちなみに、ひいおばあちゃんの年齢は公表されていません)

この男の子、ちゃんと規定通り、後部座席のチャイルドシートに座っていました。

道が丘に差し掛かり、右へ左へとくねくねと曲がり始めたため、ひいおばあちゃんはまっすぐ前を見て、次は右へカーブするのか、左へカーブするのか、と道路標識に注意を払いつつ、運転していたそうです。

そんな時、後部座席にいた男の子は、パワーウィンドウのボタンを押して、窓で遊び始めました。おまけに窓から頭を出したりしていたようです。。。

おばあちゃんは運転に集中。そんなひ孫の様子にはまったく気が付きません。

そして何かの拍子に、男の子の首が閉まる窓に挟まれてしまったのです! しかし、気が付かないひいおばあちゃん。。。

閉まる窓によって、男の子の気管はふさがれてしまい、意識を失い、呼吸まで停止してしまいました。。。

ひいおばあちゃんが気が付いたのか、目撃者がいたのか、詳細は不明ですが、とにかく男の子の様子に気が付いた時点で救急車が呼ばれ、救急隊員によって救急蘇生が試みられ、なんとか、男の子は呼吸を取り戻したそうです。

その後すぐに病院に運ばれ、治療が続けられていましたが、残念ながら事故から3日後、病院で亡くなってしまいました。

ご両親は、男の子の臓器提供を申し出、それによってなんと4人の命が救われたとか。

子供の何気ないいたずらがとんだ事故につながってしまうんですよね。子供にしてみたら、窓で遊ぶな!とか手足や頭を窓の外に出すな、とかいろいろうるさいな〜なんて思うんでしょうけど、やっぱ注意しないと危ないんだな、と改めて思いました。

臓器提供を決断されたご両親、すごいと思います。ほんの数日前まで元気だったわが子が急に亡くなってしまい、どれだけつらい状況であるか、、、想像しただけで、涙がでてきそうです。

ひいおばあちゃんもつらいでしょうね。。。なんだか悲しいやりきれない事故です。お子さんをお持ちのドライバーの皆様、お互い気を付けましょう!

posted by おうちマン at 02:23| Comment(2) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おうちまんさん、お久しぶりです;)Runaです〜。
クリスマスにコメントして以来なので、半年ぶりですね!なかなか遊びに来れずにすみません。今日一気に読み込みました〜〜。相変わらずアメリカは恐ろしいニュースばかりですね。とても刺激されて、考えさせられました。
でもおうちまんさんの日記や、たまにある面白ニュースがのほほんと癒してくれます。やっぱり、おうちまんさん文才あります!
ちなみに、我が家もゲーマー親子なんですよ(笑)
Posted by Runa at 2012年07月13日 23:05
いまさらですが、コメント返し(遅くなってすいません)。Runa さんコメントどうもありがとうございました!


ブログ放置してから軽く1年以上経ってるので、もうどなたにも見ていただけないかなと思いつつ、ちょっと時間ができたのでまたブログ更新してみました。

あまりにも長い間放置だったので、IDもパスワードも思い出すのが大変だったという。。。

よかったらまた読んでください〜。
Posted by おうちまん at 2013年11月09日 02:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。