2013年11月14日

相変わらずのピットブル

これまで何度もピットブルによる事件を紹介してきましたが、またまた同じような事件が起きてしまいました。

月曜日、コネティカット州のウィルトンでのこと。とある家の前に駐車してある車の下で血だらけの女性が発見されました。

彼女は65歳の Anne Murray さん。

アンさんには双子の息子さんがいて、その息子さんのどちらかが今回の事件を引き起こしたピットブルの飼い主でした。

子犬の頃から飼い始めたピットブルは、2歳のオスに成長。留守がちな息子さんに代わって、普段からアンさんが世話をしていることが多かったようです。

しかし月曜日、このピットブル(名前は「Tux」)はいつも世話をしてくれているアンさんに突然襲いかかりました。アンさんは体中かみつかれた上、左腕は完全に噛み千切られて失い、右腕も肘から下は噛み千切られてしまったのです。命からがら車の下に逃げ込んだアンさんは、ようやく救出され、病院へ運ばれました。

現場に駆け付けた警察は、その場でピットブルを射殺。

狂犬病にかかっていたかどうかが検査されるようです。

普段から面倒を見ている飼い主にも容赦なく遅いかかるピットブル。これまで子供がかみ殺された事件は幾度となくありましたが、成人女性の腕を噛み千切るほどの威力を持つ大型犬が、普通にペットとして飼育されている現状っておかしすぎます。

実はアメリカのあちこちで似たような事件は起きていて、先週にはノースカロライナ州で25歳の女性が飼い犬2頭にご飯をあげようとしたところ、いきなり襲われて、かみ殺されています。

こんな事件が日常茶飯事っておかしいですよね、ほんと。どうしてピットブルの飼育を規制しないのか、さっぱり分かりません。

ちなみに、今回アンさんをおそった犬については過去に数度警察に通報があったようです。その時通報したのは飼い主ではなく、近所の人。2歳のピットブルが繋がれることなく、飼い主もいない状態で、住宅街を一匹でうろついていたから通報したらしいのですが、こういうの聞くと本当に腹が立ちますね。こういってはなんですが、元々ちゃんとした飼い方をしていなかったんじゃないの!?と思ってしまいます。

狂暴な大型犬が一匹で近所をうろついてるんですよ。。。うかうか近所も歩けません。

両手がなくなってしまったアンさん、でも一命を取り留められただけでももうけものかも。残酷なことを言うかもしれませんが、これを機によーくよーく考えてほしいです。


最後にひとつ。犬に追いかけられたらつい車の上に逃げてしまいそうですが、実は車の下に潜り込んだ方が有効なのかもな、と思った今日のニュースでした。



posted by おうちマン at 04:04| Comment(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。