2012年05月09日

星野道夫さん

娘が通っている日本語補習校の図書コーナーから借りてきた1冊の本。

娘が宿題をやっている横で、暇つぶしにぱらぱらとみていました。

タイトルは「クマよ」。

表紙には母熊に守られた小熊の写真。

てっきり、クマの親子のほのぼのストーリーだと思いました。

読み進めると、クマへの語りかけのようなスタイルの詩に、クマのさまざまな写真。

その詩がなんだか子供向けではなく、クマを「おまえ」と呼びかけています。

小3の娘(英語対日本語が6対4のバイリンガル)の感想は、「おまえ、おまえって何かへん〜〜〜」。

確かに日常生活で「おまえ」とか呼びかけるとエラそうですもんね。

まぁそんなこんな言いながらも、最後まで読んだわけです。そして裏表紙に、この本は星野氏の遺稿と写真、それについていたメモを参考に作りました。とあるではないですか。

遺稿?という言葉に気が付き、著者紹介文を読むと、著者の星野道夫さんは1996年に43歳の若さで亡くなっていることがわかりました。

でもなんでこんなに若くして・・・?と思った私はググってみたわけです。

すると、彼はテレビ番組の取材で訪れた先でクマに襲われて死亡していたことがわかり、びっくり。

1996年、私はまだ日本で普通の会社員でした。ってことは、当時ニュースで流れたはずなのに、まるで記憶にない。。。。

星野さんの写真(「クマよ」しか拝見しておりませんが)は、とても素晴らしく、雄大な自然とクマの姿が生き生きと写されておりました。

でもテレビ局クルーの方たちが山小屋に泊まったのに、星野さんは「餌となるサケが多いこの時期はクマは人を襲わない」という信念の下、一人山小屋から数メートルの距離にテントを張っていたそうです。

そして、ある明け方、星野さんのテントは襲われ、彼は帰らぬ人となってしまいました。。。

理屈上では、人を襲わない時期だったのでしょうけど、でも、やっぱ動物は動物。100%安全ということはないわけで。。。

私の地元でも、つい昨日、またまたピットブルに2歳女児が襲われ、大けがをする事件がありました。飼い犬にかまれてしまったわけですが、どんなに動物の生態や性質を知っていると思っても、やっぱ油断は禁物です。。。

まさか子供が図書コーナーで借りてきた本で、こんなに考えさせられるとは思いませんでした。児童書とはいえ、大人が読むとまた別の意味で感慨深い本です。




posted by おうちマン at 14:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

ぼけらった

アラフォーの私。年と共に、なんだかバカな失敗をやらかすことが増えてきました。

元々、細かいことにまで気が付き、しなくていいようないや〜〜〜な思いをしてきた私。。。

いっそのこと、天然ちゃんになりたい!!と思った時期もありましたが、最近労せずしてそんな感じになってきました。

ここ1か月での出来事。。。

1.歯磨き粉と洗顔フォームを間違え、洗顔フォームで歯を磨いてしまった。
味が違うので、すぐ気が付きましたが。。。

2.コンタクトレンズの洗浄剤とマウスウォッシュを間違え、洗浄剤でぶくぶく口をゆすぐ。
洗浄剤ってしょっぱいんですね。。。

3.メイク落としシートと、流せるトイレクリーナーを間違え、クリーナーで顔をごしごし。
肌がひりひりして、びっくり!!!

やばいです、、、最近の私。

でもこうやってあげてみると、「事故」は洗面所に集中してますねぇ。

洗面所って危険なものであふれてるのかも!!! 

。。。いや、もっときれいに整理整頓しろってことですよね。。。(汗)。




posted by おうちマン at 14:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

はまっているテレビ

いや〜、最近どっぷりはまってしまっているテレビ番組があります。

A&Eっていうテレビ局で放映されている、「Storage Wars」っていうリアリティショーです。

アメリカにお住まいの方は見たことあるかもしれません。

どんな番組かというと、、、

レンタル倉庫の借り手が支払を怠ると、その倉庫の中身は、もはや借主のものではなくなってしまうらしいのです。

そして、その倉庫の中身を競売にかけ、一番高額の値段を付けた人がその倉庫の中身丸ごと買うことができます。

ここでのポイントは、倉庫のカギを係員がぶっ壊して開けてから、5分間だけ見ることができるということ。

倉庫の中に入ったり、荷物に触れたりするのは一切禁止。

外からの見た目だけで、よさげなものかどうかを判断し、競売に臨むわけです。

リアリティショーとはいえ、出てくる人物はどうやらある程度のお金をもらって出演している感がありますが、まぁ、そこはテレビなので仕方ないでしょう。。。

この番組の何がおもしろいって、借主に見捨てられたユニットには意外なお宝が隠されているときや、へそくりがそのまま現金ででてきたりするんですねぇ。

なんかちょっと日本のお宝鑑定団みたいな要素もあって、倉庫に埋もれていたへんな置物が実は19世紀に作られたすごいものだったりするんですねぇ。

でもアメリカで「アンティーク」って呼ばれているものが、1930年代のものだったりして、その辺はなんかびみょ〜〜〜。お宝鑑定団に比べると、比較的新しめのものが出てきます。

残念ながら日本では放映されてないみたいですが、アメリカにお住まいの方、よかったらためしに見てみてください〜〜。30分番組だから、忙しい主婦でも楽しめるあたりがいいでっせ〜(いや、私はぐうたら主婦なので、やったら見てますけど。。。ほほほ)

posted by おうちマン at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。