2012年06月01日

シアトルで銃乱射事件

昨日5月30日にシアトルにある Cafe Racer というカフェで銃乱射事件が発生しました。

カフェでは5人が撃たれ、4人が死亡、1人が重体です。そして、犯人は逃走!

その後、シアトルの中心地で車を奪おうとしてさらに女性を一人射殺し、盗んだ黒の SUV でまたまた逃走!

警察が必死に犯人を追跡し、追いつめたところで犯人は自殺。。。というなんともやりきれない結果に終わってしまいました。

ニュースに載っていた写真がある意味とても怖いのです。。。

最初の銃撃現場となったカフェに設置されていた防犯カメラの映像を静止画像として掲載したものらしいのですが、まずは1枚目。

Gunman1.jpg

2012年5月30日午前10時56分22秒のカフェの様子です。

カウンターの中には店員。カウンターにはコーヒーを楽しむ3人の男性。左側には女性客。コーヒーを買いに来たのか、カウンターに向かって歩く男性。

一見どこにでもある朝の風景ですね。

しかーし!実はこの写真に犯人が写っているのです。

では、2枚目。上記写真からわずか1分後の写真です。
Gunman2.jpg

2012年5月30日午前10時57分25秒のカフェの様子です。

倒れたイス、一人たたずむ男、左下の机のかげには被害者と思われる人の足が映っています。。。

そう、「コーヒーを買いに来た」と思われた男性が実は、、、犯人だったのです。

こ、怖くないですか?

日常の風景がたった1分の間にこんなに変わるなんて。。。

最近シアトルでは治安が悪化しているようで、先週には家族で出かけていた男性が車の運転中に、どこからか飛んできた銃弾にあたって家族の目の前で亡くなるという事件も起きているそうです。

4月終わりには、やはり無差別に車内から銃が発射され、銃撃された女性が亡くなっています。

両事件ともいまだに犯人は捕まっておらず。。。

さらにさらに、先週土曜日にはギャング同士の抗争に巻き込まれた男性がやはり拳銃で撃たれてけがをするという事件まで発生。

これらの事件に共通しているのは、被害者と加害者の間に面識はなく、たまたまそこにいたから撃たれたというもの。

つまり誰にでも被害者となってしまう可能性はあると。。。

警察はシアトル地域の治安の悪いところのパトロールを厳重にする、とのことですが、いつどこで危険に合うかわからないって怖いですね〜。


posted by おうちマン at 03:36| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

きれる60歳

オハイオ州ガハンナでのこと。

結婚して34年たつ熟年夫婦が今回の事件の主人公。

60歳の旦那 Thomas E. Edwards は、日曜日の朝、車を買いにディーラーへ行きたかった。

でも妻の Teresa (60歳)とは、ここ1週間ほど、車の購入のことで口論が続いていたらしい。

そして日曜日の朝、車を買いに行きたいトーマスに対し、車購入に反対のテリーサはいまいち気乗りせず、ベッドに寝っころがったまま、ごろごろ。

それに頭にきたトーマス。拳銃を持ち出し、テリーサを脅したらしい。

しかーし、テリーサは拳銃を見ても、ベッドに入ったまま。出かける支度をしようとしなかった。

その様子に完全にブチ切れたトーマスは、なんと4発もテリーサの頭に発砲!!!

34年も連れ添った妻なのに。。。もちろんテリーサは即死。

発砲後、トーマスは自分の姉妹に電話し、「妻を殺してしまった」と告白。

トーマスによると、「もし拳銃を見た時点でテリーサがベッドから抜け出して、自分と一緒にカーディーラーへ行く支度をし始めてくれていたら、撃つことはなかったと思う」とのこと。

カーディーラーなんか一人でいけばいいのに、と単純に思ってしまうのですが、車のような大きな買い物を勝手にしちゃうと、また後でもめるもとになるから一緒に行こうってことだったんですかねぇ。

それにしてもまさかこんなことで殺されちゃうとは奥さんも思わなかったでしょうに。

でも、この旦那実は DV (家庭内暴力)の前科があり、2001年と2005年に逮捕されているんですねぇ。

2001年にはやはり銃を持ち出して脅迫したようなので、きっと妻は今回も脅しだと思ったんでしょうねぇ。

しかし殺害してしまうなんて、究極の DV ですね。

長年連れ添った夫婦で、60歳という年だと、なかなか離婚には踏み切れなかったのかもしれませんが、いつかはあの人も落ち着くかも、、、なんて思っていたら、とんでもない結果が待っていたと。

奥さんもこんな亡くなり方じゃ、うかばれないですね。旦那はもちろん殺人罪で逮捕されています。





posted by おうちマン at 12:12| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

新婚ほやほやでもうすぐベビーも生まれるはずが。。

タイトルの通りの状況のカップルがいました。

アーカンソー州のリトルロックという町です。

夫 James Herring (34歳) と 妻 Celestia Duffin (32歳) は、先週水曜日に入籍したばかり。

しかも妻セレスティアは妊娠7か月。

新婚ほやほやでもうすぐベイビーも誕生となれば、幸せの絶頂のはずですが、、、

実はこの二人口論が絶えず、入籍1週間目にして既に離婚話もでていたそうです。

だったら、なんで入籍したのか!? 子供のため、ですかねぇ。

事件が起きたのは入籍から1週間後。

妻のセレスティアが運転し、助手席に夫ジェイムズが乗って、どこかへ向かっていたようです。

たぶん車中で口論が始まったのでしょう。。。

ジェイムズは突然セレスティアの胸をナイフで一突き!!

突然刺されたセレスティアは車のコントロールを失い、何かに衝突して停止(事故を起こしたことはニュースに書かれていましたが詳細は不明)。

セレスティアは車から逃げ出し、近くにあった警察署へ助けを求めに走って行きました(この広いアメリカで警察署が走れる距離にあったのが奇跡! そして胸を刺された7か月の妊婦が走れるのも奇跡! 人間殺される!と思うとすごい力がでるもんなんですね)。

必死に助けを求めるセレスティアは警察署にたどり着いたものの、力尽き、その場で意識を失って倒れてしまいました。

その後セレスティアはすぐに病院へ運ばれましたが、間もなく死亡。おなかの子供も手術で取り上げられたものの、亡くなってしまいました。。。

事故現場には無傷の夫ジェイムズが「茫然とした」様子で立ち尽くしていたそうです(目撃者談)。

その後、警察の取り調べで、ジェイムズは妻と子供の殺人罪で逮捕されました。ただ、子供はジェイムズが警察に捕まった後、病院で亡くなったそうなので、もしかしたら、子供への殺人罪は適用されないかも、、、とのこと。

最初ニュースを読んだとき、若いカップルの話なのかな、と思いましたが、二人とも30代のいい年したカップルでびっくり。

なんでこんなことになっちゃったのか。。。

そんな無理して結婚しなくってもよかったのにねぇ。。。

子供ができたんだから結婚してよ!と迫ることにより、殺されてしまう、、、なんてまるでドラマのストーリーですね(いや、セレスティアさんが結婚をせまったのかどうかは知りませんが)。
posted by おうちマン at 13:57| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。