2013年12月19日

扁桃腺切除手術

カリフォルニア州オークランドでの話。

睡眠時無呼吸症候群に悩む13歳の女の子 Jahi McMath ちゃん、扁桃腺を取り去れば症状が和らぐはず、と言われ、扁桃腺切除手術を受けることにしました。

結構日常的に行われている手術らしく、特に命の危険を伴うような大手術、というものではないようです。ググってみると、扁桃腺切除手術体験記みたいなブログがたくさんでてきますしね。

ジャヒちゃんは、睡眠時無呼吸症候群以外はいたって健康な女の子だったようです。

手術は12月9日の月曜日に行われました。手術は成功したように思われたのですが、、、

手術後、ジャヒちゃんは呼吸困難に陥り、大量出血!!

手当のかいもなく、12日の木曜日には脳死状態となってしまいました。

そして病院側は16日の月曜日にジャヒちゃんの生命維持装置を外すと両親に通告。

アメリカって医療費がバカ高いから、入院期間とかも短いし(通常出産なら翌日退院ですしね)、そもそも入院自体なかなかさせてもらえない。脳死状態の患者の生命維持装置も、通常なら数日程度で外すってことなんでしょうね。

しかし、1週間前には元気だったわが娘。病院側の医療ミスとしか考えられないこの状況で、生命維持装置を外すとか冷酷な通告を両親が受け入れられるわけもなく。。。

記事によると、アメリカでは脳死=法的に死亡と扱われるようです。だから両親がどんなに嫌でも通常なら生命維持装置は取り外されるはずでした。

とある医療専門家は、「脳死患者は既に死亡しているのと同じ状態なんだから、死体に生命維持装置を付ける必要なんかないじゃないか」と辛らつな意見も寄せています。(← 言い過ぎじゃぁ。。。)

ジャヒちゃんの場合も、生命維持装置が取り外されるのは目前でした。ところがこの件がメディアを通じて世間に知られることとなり、世論は両親とジャヒちゃんに同情。メディアでも結構大きく取り扱われ、ジャヒちゃんを守ろう!みたいな気運が高まってきます。

そして昨日、手術を行った病院(=ジャヒちゃんが入院している病院)は、ジャヒちゃんの生命維持装置を永久に外さないことを発表したのです。(← これってアメリカではすごいことだと思う)

両親はいつかジャヒちゃんが目を覚ましてくれるのではないかと願っています。私も子供を持つ親として、奇跡が起こってくれるといいな、と心から思います。





posted by おうちマン at 02:25| Comment(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

相変わらずのピットブル

これまで何度もピットブルによる事件を紹介してきましたが、またまた同じような事件が起きてしまいました。

月曜日、コネティカット州のウィルトンでのこと。とある家の前に駐車してある車の下で血だらけの女性が発見されました。

彼女は65歳の Anne Murray さん。

アンさんには双子の息子さんがいて、その息子さんのどちらかが今回の事件を引き起こしたピットブルの飼い主でした。

子犬の頃から飼い始めたピットブルは、2歳のオスに成長。留守がちな息子さんに代わって、普段からアンさんが世話をしていることが多かったようです。

しかし月曜日、このピットブル(名前は「Tux」)はいつも世話をしてくれているアンさんに突然襲いかかりました。アンさんは体中かみつかれた上、左腕は完全に噛み千切られて失い、右腕も肘から下は噛み千切られてしまったのです。命からがら車の下に逃げ込んだアンさんは、ようやく救出され、病院へ運ばれました。

現場に駆け付けた警察は、その場でピットブルを射殺。

狂犬病にかかっていたかどうかが検査されるようです。

普段から面倒を見ている飼い主にも容赦なく遅いかかるピットブル。これまで子供がかみ殺された事件は幾度となくありましたが、成人女性の腕を噛み千切るほどの威力を持つ大型犬が、普通にペットとして飼育されている現状っておかしすぎます。

実はアメリカのあちこちで似たような事件は起きていて、先週にはノースカロライナ州で25歳の女性が飼い犬2頭にご飯をあげようとしたところ、いきなり襲われて、かみ殺されています。

こんな事件が日常茶飯事っておかしいですよね、ほんと。どうしてピットブルの飼育を規制しないのか、さっぱり分かりません。

ちなみに、今回アンさんをおそった犬については過去に数度警察に通報があったようです。その時通報したのは飼い主ではなく、近所の人。2歳のピットブルが繋がれることなく、飼い主もいない状態で、住宅街を一匹でうろついていたから通報したらしいのですが、こういうの聞くと本当に腹が立ちますね。こういってはなんですが、元々ちゃんとした飼い方をしていなかったんじゃないの!?と思ってしまいます。

狂暴な大型犬が一匹で近所をうろついてるんですよ。。。うかうか近所も歩けません。

両手がなくなってしまったアンさん、でも一命を取り留められただけでももうけものかも。残酷なことを言うかもしれませんが、これを機によーくよーく考えてほしいです。


最後にひとつ。犬に追いかけられたらつい車の上に逃げてしまいそうですが、実は車の下に潜り込んだ方が有効なのかもな、と思った今日のニュースでした。



posted by おうちマン at 04:04| Comment(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

パワーウィンドウの恐怖

明日、日本から両親が遊びにやってくるので、しばらく更新できないかも〜、ということでもういっちょいっときます。

ちょっと前のニュースなのですが、私は今朝気が付きました。警鐘を鳴らす意味を含めて、ご紹介したいと思います。

イリノイ州ウィリアムソン郡でのこと。

6歳の男の子が、ひいおばあちゃんの運転する車にのっていました。(ちなみに、ひいおばあちゃんの年齢は公表されていません)

この男の子、ちゃんと規定通り、後部座席のチャイルドシートに座っていました。

道が丘に差し掛かり、右へ左へとくねくねと曲がり始めたため、ひいおばあちゃんはまっすぐ前を見て、次は右へカーブするのか、左へカーブするのか、と道路標識に注意を払いつつ、運転していたそうです。

そんな時、後部座席にいた男の子は、パワーウィンドウのボタンを押して、窓で遊び始めました。おまけに窓から頭を出したりしていたようです。。。

おばあちゃんは運転に集中。そんなひ孫の様子にはまったく気が付きません。

そして何かの拍子に、男の子の首が閉まる窓に挟まれてしまったのです! しかし、気が付かないひいおばあちゃん。。。

閉まる窓によって、男の子の気管はふさがれてしまい、意識を失い、呼吸まで停止してしまいました。。。

ひいおばあちゃんが気が付いたのか、目撃者がいたのか、詳細は不明ですが、とにかく男の子の様子に気が付いた時点で救急車が呼ばれ、救急隊員によって救急蘇生が試みられ、なんとか、男の子は呼吸を取り戻したそうです。

その後すぐに病院に運ばれ、治療が続けられていましたが、残念ながら事故から3日後、病院で亡くなってしまいました。

ご両親は、男の子の臓器提供を申し出、それによってなんと4人の命が救われたとか。

子供の何気ないいたずらがとんだ事故につながってしまうんですよね。子供にしてみたら、窓で遊ぶな!とか手足や頭を窓の外に出すな、とかいろいろうるさいな〜なんて思うんでしょうけど、やっぱ注意しないと危ないんだな、と改めて思いました。

臓器提供を決断されたご両親、すごいと思います。ほんの数日前まで元気だったわが子が急に亡くなってしまい、どれだけつらい状況であるか、、、想像しただけで、涙がでてきそうです。

ひいおばあちゃんもつらいでしょうね。。。なんだか悲しいやりきれない事故です。お子さんをお持ちのドライバーの皆様、お互い気を付けましょう!

posted by おうちマン at 02:23| Comment(2) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。