2012年04月18日

幽霊が出る家を借りてしまったカップル

なかなかアメリカらしいニュースです。

Michele Callan さんと婚約者の Josue Chinchilla さんは、ニュージャージーにある 1 軒の家を借りました。

契約は滞りなく結ばれ、ミシェルさんと2人の子供、それに婚約者のホゼさんの4人はこの貸家へとお引越ししたそうです。

ところが、わずか1週間後にこの4人はこの貸家から逃げ出し、現在はホテル住まいをしているそう。

どうしてたった1週間で出てしまったのか。。。

それは、この家に幽霊が出るから!!!らしいのです。

HauntedHouse.jpg(見た目普通の家ですね。。。)

電気が勝手に付いたり消えたりするのは当たり前、洋服がクローゼットから飛び出してきたり、恐ろしい声が聞こえたり、ベッドのシーツが引っ張られるように動いたり、肩に手を置かれてトントントンとたたかれたり、、、などなど、このカップルによると、それはもう、恐ろしいことの連続だったとか。

絶対この家には何かがいる!!とビビリまくったミシェルさんとホゼさんは、もうこの家には住めないと、家主に支払った敷金 $2250 を返してほしいと家主を訴えました(うーん、この辺がアメリカ!)。

家主は、「幽霊なんているわけない。大方、家賃を払う目途が立たなくなったから、今回の賃貸話を白紙に戻してほしくてバカな訴えを起こしているだけ」とまるで取り合わず。


敷金を返してほしいというミシェルたちを、逆に家主が契約違反だ!と訴える始末(どうやら賃貸契約は1年ものだったらしい)。


しかし、幽霊が出るという主張をがんとして譲らないミシェルたち。なんと専門家を呼んで、ビデオを撮ったり、いろいろ調査をしたようです。


このビデオを見ると、確かに誰もいじってないのに、勝手に電気がついてました。おまけに画面の端っこにはなにやら動く白い物体も映っています。


ミシェルたちは契約締結時に敷金と最初の月の賃料も払っているので、引越し後わずか1週間で逃げ出してしまったという点を考慮すると、家主の言う「賃料を払えなくなったから幽霊騒ぎで契約を破棄しようとしているんだ」というのはちょっと違っているようにも思えます。

だって、どうせ最初の1か月分払っているならぎりぎりまで住んでから、同じように幽霊騒ぎを起こしてもいいわけですしね。

わざわざ自腹でホテルに泊まる理由もないわけで。。。

ちなみに、アメリカではほとんどの州でこうした「いわくつき物件」の情報を告知する義務はないんだそうです(告知は推奨されているそうですが)。


裁判が果たして始まったのかどうかわかりませんが、カメラが回っている白昼に誰も触れていない電気がついた映像は結構背筋がぞくっとしました。。。。
posted by おうちマン at 09:45| Comment(0) | 訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

マイケルジャクソンの裁判

2011年9月29日 − カリフォルニア州ロサンゼルス


マイケルジャクソンの主治医コンラッドマーレイ氏に対する裁判が3日前から始まっている。
罪状は、過失致死容疑。マーレイ氏は罪状を否認。


今日は、マイケルジャクソンのボディガード二人が法廷で証言した。


あの日、ボディガードがマイケルの部屋に行ったときには、既に長男のプリンスと長女のパリスが部屋におり、マイケルはベッドで身動き1つせず横たわり、目は若干あいており、チンチXにはコンドーム型カテーテル(寝ながらおしっこできるようにするため)が装着された状態だったという。。。


パリスが「ダディ!!!」と泣き叫び、プリンスは呆然と立ち尽くしていたそうだ。。。


「父親のこんな姿を見せるべきじゃない」とマーレイ氏に言われ、このボディガードは子供たちを部屋の外へ連れ出した。


部屋へ戻ってみると、マーレイ氏はベッド脇のテーブルからマーレイ氏が小瓶をかき集めており、ボディガードに「バッグに入れておけ」と命じたらしい。


そして点滴バッグを別のバッグに入れた後で初めて、このボディガードに救急車を呼ぶように指示したそうな。


ボディガードはマーレイ氏がかばんに薬品をつめてたのは、それを病院に持っていくためだと思ったらしいが、実際にそれに関する質問はその場でしなかったそうだ。まぁ相手がお医者さんだし、マイケルがそんな状態ならそれどころじゃないよね。


マーレイ氏はその薬品を病院へ持っていかなかったばかりか、救急隊員の質問にもうそをつきまくり、睡眠薬代わりに強烈な麻酔薬を投与していたことも積極的に話さなかったとのこと。。。


やばい!!!と思っていたのがバレバレな行動ですね。目


そして救急隊への連絡後(911に電話した後)、このボディガードはマイケルに心臓マッサージを行い、マーレイ氏はマウスツーマウスで人工呼吸を施していたそうだ。


でも、このマーレイ氏なんと人工呼吸を行ったのは初めての経験だったという。
そんなもんなんですかね、お医者さんでも。。。



と、今日のメインはこんな感じ。そんなに興味もなかったので、最初の2日間の法廷の様子は見てないんだけど、今朝のニュースで、「コンドーム型カテーテルを付けていた」というのが耳に入りまして。。。


ええ!!!そんなプライベートなことまでTV(しかも朝のニュース)で流れちゃうのね。。とちょっとマイケルが気の毒になりました。


手術室で使うような強力な麻酔薬を使って寝ようとしてるんだから、尿意をもよおしたって目覚めるわけないよねぇ。だからちょいと考えれば当然なんだろうけど、でも、そんなことマイケルはみんなに知ってほしくなかったろうな。。。もうやだ〜(悲しい顔)


明日は、マイケルを病院に運んだ救急隊員が証言する予定。


長男のプリンス君も証言者リストに入っているそうな。先日雑誌に最近の子供たちの写真が載ってたけど、みんな急に大人びて、すっごく大きくなっててびっくり。目


お父さんであるマイケルも子供たちの成長を見たかったろうね。。。合掌。


参考:Foxnews
posted by おうちマン at 13:40| Comment(0) | 訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

シャチショー事故のその後

2011年9月18日 − フロリダ州オーランド


オーランドにあるシーワールドが federal job safety agency (米国安全労働機関)から、 $75,000 (約576万円)の罰金を求めて訴えられた。


2010年2月24日事件は起きた。


Dawn Brancheau さんがシャチショーのパフォーマンスを終えた後、ステージにひざまずいて Tilikum という名のシャチに近づいてコミュニケーションをとろうとしたところ、このシャチがドーンさんのポニーテールを突如口にくわえ、水中にドーンさんを引きずり込んだのだ。


シャチは、水中に引きずり込んだドーンさんを激しく振り回し一向に離そうとしない。結局、ドーンさんは外傷を追った上、水死してしまった。。。しょぼん


それから1年半。


訴えられたのは3つの理由から。


1つ目。従業員が溺れ死ぬ危険性を放置したこと、およびトレーナーがシャチと触れ合う際の保護策がとられてなかったため、従業員が攻撃される可能性を放置したこと。



2つ目。シャチショーが行われた会場のステージ上に柵を設けなかったこと。ステージ上で柵のない部分周辺の水深は、約3メートルもあったという。


3つ目。全天候型の外部コンセントがシャチショーの会場に備わっていなかったこと。



3つ目の関連性がいまいちわからんけど、まぁ、とにかく安全性の改善を求めて訴えられ、安全性にかけていたから罰金を払いなさいってことですな。



ちなみにこのシャチ、1991年にカナダのマリーンパークでもやっぱりトレーナーを殺した過去をもつ。叫び



シャチは英語で killer whale (=殺人クジラ)といわれ、この問題のシャチは6トンの大きさ。



奴らが本気になったら人間なんてひとたまりもないよね。でも、丸呑みにされたり、かみ殺されたんじゃないあたり、案外シャチとしては一緒に水の中で遊んでいるつもりだったのかも。。。。



参考:Foxnews





posted by おうちマン at 07:26| Comment(0) | 訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。