2012年06月05日

本屋での過剰反応

アリゾナ州スコッツデールにある大手チェーンの本屋 Barnes & Noble でのこと。

73歳のエジプト出身の男性 Omar Amin さんは、ウィスコンシン州に住む二人の孫への贈り物を探すために、本屋にやってきました。

児童文学セクションで孫のための本を物色していたオマールさん。

ところが、男性一人が子供向けセクションにいることを、ある女性客は不審に思い、店員に通報。

すると、店員は一方的に女性の願いを聞き入れ、オマールさんに「店を出て行ってください」と言って、彼を追い出したのです。

遠方に住む孫のために本屋の絵本とかが置いてあるセクションにいるなんて、ごくごく当たり前の光景ですよね。もちろん、外から見て、そんな事情が分かるわけではないですが。

本屋なんだから、いろんな人がいろんな本を買いに来て当たり前なのに。。これが男性じゃなくて、おばあちゃんが一人絵本セクションとかにいたら、何にも言われないんでしょうね〜〜〜。

女性客がオマールさんの行動の何をみて、そんな通報をしたのかまでは分かりませんが、まぁ、何か不審を招く行動をした、ということでしょうか。。。。それにしても客を店から追い出すなんてやりすぎでしょ〜〜〜。

店員がオマールさんに「何をお探しですか?お手伝いしますよ」って声をかければ済むことだったのにね(彼が本当に子供を狙う性犯罪者だったりしたら、その声掛けで退散するでしょうし)。

ちなみに、新聞社が Barnes & Noble に今回の一件について問い合わせしたところ、広報担当の女性は「お問い合わせの一件に関して、特にコメントはありません。適切な対応がとられたと思います。」と回答。

でた〜〜〜、謝らない国、アメリカ!!!

どんな事情があるにせよ、お客様の一人に不愉快な思いをさせたことは間違いないんだから、その件についてだけでも謝罪したら??と思ってしまうのですが。謝らないんですよねぇ。

ニュースの最後には、「エジプト出身だけど、45年前にアメリカ国籍を取得したオマールさんは、Barnes & Noble 側が自分の苦情を真剣に受け入れてくれない」と憤っていると結ばれています。

オマールさんのプロフィールまで紹介しちゃうあたり、アメリカの深い闇がちょびっと感じられませんか?彼の名前は中東方面でよく見られる名前なので、Barnes & Noble 側が人種差別をしたわけではないですよ、というのを伏線として張るために、わざわざニュース記事で彼がどれだけ長いことアメリカ市民として暮らしているのかを記載したんでしょうね。

こんな小さなニュースの中に、「何気ない日常のヒトコマでも性犯罪者ではないか!?と恐れる」アメリカの母(それだけ犯罪が多いということ)、「謝らない文化」を持つ国アメリカ、「中東との問題」が垣間見えるなんて、すごいですよね。。。




posted by おうちマン at 03:15| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

第2次世界大戦で戦った軍人のお墓

アメリカに住んでいると、軍人の方々に対する感謝とか、尊敬とかを感じるときがあります。

博物館や美術館など、多くのアトラクションでは軍人割引とかもあるし、特に5月の最後の月曜日にあるメモリアルデーは、戦没将兵追悼記念日といって、兵役中に亡くなられた兵士の方々のための追悼サービスなんかが行われ、国のために戦った人や、国を守るために亡くなった人たちを敬うわけです。

今日のニュースはそんなアメリカ魂(?)を感じるニュースです。

フロリダ州にある国立墓地(Florida National Cemetery)でのこと。

定期メンテナンス作業の一環として、墓地の作業員が、あるお墓の墓石をどけたところ、そのお墓の主は段ボール箱に入れられてごく浅く埋葬されていたことが判明。

墓石に刻まれた情報を見ると、1919年生まれの Lawrence Davis Jr. さん。

WW2.jpg

アメリカでは上述したように、国のために戦った兵士への敬意から、墓石にどの戦争で戦った兵士であるかを刻むことがあるんですね。

で、このローレンスさんの場合は、第2次世界大戦で兵士としてアメリカのために戦ったようです。

ところが2004年に彼が亡くなった時、彼の葬儀を取り仕切る身内などがいなかったようで、なんと、かれは検察医が彼の遺体を詰めた段ボール箱に詰め込まれたまま、棺桶に移されることもなく、ちょっと穴をほった程度のお粗末な墓穴に埋められ、墓石が立てられたようなのです。

退役軍人会の責任者 Maurice Roan さんによると、「基本的には墓地に運ばれてきた状態のまま埋葬されることになってます。ただしそれはその箱なり棺桶なりが、きちんと封じられている場合ですが。なるべく元兵士の方の尊厳を損なうことのないよう、埋葬しています。」とのこと。

しかし、今回の段ボールに入れたまま埋葬、っていうのは、ちょっとまずいですよね。だからこそ、今回の発見がニュースになったのでしょうが。

ちなみに、フロリダ国立墓地では、家族による見送りがない元兵士のために、彼らの名前を呼び上げる式典を年に4回行っているそうです。


でも、勝手に棺桶を買って遺体を移し替える権限も資金もないそうで。。。今回の段ボールに入れられて適当に埋葬された元兵士のことが世間に伝わったことで、現在、「The Dignified Burial of Veterans Act of 2012」という、法律を制定しようという動きがフロリダ州の議員さんを中心に高まっているそうです。

この法律が制定されれば、退役軍人会により埋葬基準が確認され、国立墓地に埋葬される元兵士のために棺や骨壺を買うことができるようになるそうです。

というのが今回のニュースのあらましだったのですが、第2次世界大戦で戦った一兵士のために、ここまでの動きがでるなんて、なんだか日本とはえらい違いだわ、と思ったのでした。

第二次世界大戦時、国のために戦って亡くなっていった大勢の日本人兵士たちに、果たして私たち現在の日本人はここまで尊敬の念と感謝の気持ちを抱いているんでしょうかね。。。


posted by おうちマン at 12:46| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

あきれた子だくさん

とんでもない男がいました。

ノックスビルに住む 33歳の Desmond Hatchett という男です。犯罪者でもなんでもないのですが、その無計画さにはあきれを通り越して、怒りすら覚えます。

なぜって、彼には上は14歳、下は幼児まで、合計30人もの子供がいるから!!

33歳の男が30人もの子供を持つためには、当然複数の女性がいるわけで。。。この男の子供たちの母親の数は、なんと11人!!!

そしてどうやら誰とも結婚はしていないようです。

で、なんで腹が立つかっていうと、こんなにぼんぼん子供を作っておいて、養育費が払えないから、養育費を払ってほしいという申請を州に対して出しているんだとか。

母親たちはそれぞれの状況に応じ、1か月25ドル〜309ドルをこの男から養育費として受け取ることになっているらしいのですが、この男「自分は最低労働賃金の職にしかつけないワーキングプアだから、養育費を払えない」とかほざいているらしいのです。

ね、腹がたつでしょ!

この男が最初に話題になったのは2009年のことで、その時点での子供の数は21人だったとか。ニュースになるということは、その時点ですでにどれだけこの男が非常識か、っていうのが話題になっていたってことですよね!? なのに、その後も子供を作り続けていると、、、

現在の状況は、州が自動的にこの男の給料から半額をとり、母親たちに振り分けているようです。でも、そのやり方に不満なのかなんなのか、州に養育費の支払いを負担してもらえないか、と申請しているというのですから、なんともはや。。。


子供をつくるな!とは法律上言えないでしょうし、、、こういう人にはどう対処したらいいんでしょうかね。

日本で時折放送される子だくさん番組が、なんて平和なんだろう、と思えてしまいます。

posted by おうちマン at 15:51| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。