2012年05月19日

家に帰ったら愛犬が射殺されていた。。。

今朝、何気にニュースを見ていたら、、、

カリフォルニア州バレイホという市で昨日起きた事件が報道されていました。

どんな事件だったかというと。。。

バレイホに住むごく普通の一家には、小さい子供(幼稚園から小学校低学年くらい)が二人、両親、それに数匹の犬たちがいました。

実はこの家族、ID 窃盗(家に来たダイレクトメールを盗み出し、個人情報を得て、勝手に借金したりなどあくどいことをやる)の被害にあったらしいのです。

そして数日前、その件についてバレイホ警察へメールで連絡。

その後警察からの連絡はなく、数日たった昨日、直接バレイホ警察の警察官がこのお宅にやってきました(さらに詳しく事情を聴くためと思われる)。

ところが、警官が来たときにこのお宅は留守にしていたのです。

すると、そんな警官に飼い犬の一匹(ラブラドールレトリーバー系の雑種、11歳)が、うなりながら攻撃的な態度をみせたとか(by 警官)。

身の危険を感じた警官はこの犬をその場で射殺してしまいました。。。

犬にとってみれば、警官とはいえ、家族の留守中に自宅敷地内に侵入してきたヤツなのですから、番犬として威嚇するのは、ごく当たり前の行動ですよね(犬はテリトリー意識の強い動物ですし)。

犬として当然の態度をとったのに射殺されてしまうなんて。。。

家に帰ってきた家族は、犬が射殺されているのを発見してびっくり!!!

そして今朝のニュースにはこの家のご主人が出ていました。そして、このご主人の発言に私はまたびっくり!!

「犬を射殺した警官は謝ってほしい、で、そのあとは子供たちと一緒に遊んでくれさえすればいいんですよ〜。」とのこと。

えええ!! そこ!?

前半部分の「謝罪を求める」には納得。でも後半部分の「子供と遊んでくれれば」って意味不明。。。(子供たちのかわいがっている犬を射殺したお詫びにってことでしょうか?)

日本でこんなことが起きたらえらい騒ぎになるんでしょうねぇ。。。警官が犯人とかを追っていて発砲すると、後でかならず「あの時の発砲は適切だった」みたいな発言が発表されますもんねぇ。

アメリカでは、実は、こんな飼い犬射殺事件珍しいことではありません。これまでに何度も同様の事件を耳にしたことがあります。

警官が玄関での応答がえられず(家族が留守だった)、勝手に門を開けて裏庭へまわり、裏庭から家の様子をうかがおうとすると、裏庭にいた犬が「侵入者だ!」と吠えて「攻撃的な態度」を見せたから射殺した、なんて事件もありました。

勝手に裏庭に入り込んだら、だめですよねぇ。犬には「あ、警察官だ!」なんてわからないんですから。

人間のエゴをここでも感じますねぇ。。。

posted by おうちマン at 02:31| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

無理心中

今朝早く、フロリダ州のポートセントジョンという町で無理心中事件が発生したようです。

時間は火曜日午前4時50分ころ(現地時間)。

銃声が鳴り響くのを聞いた近所の人が、警察911へ通報。

すると、通報直後、その家のドアのベルを鳴らす音が!

玄関へ出てみると、近所に住む3人の子供がおり、「銃で撃たれたんです」と訴えたそうな。

その時、子供たちの家から母親が出てきて、「家に戻りなさい!」と子供たちに命令。

そして子供たちは家へと戻っていったそうです。。。

子供たちが家の中へ戻ると、、、さらなる銃声が鳴り響いたそうな (近所の人談)。

そう、今回の無理心中は母親と子供たちによるもの。どうやら母親が子供たちを銃殺していったようです。

子供たちの年齢は17歳、15歳、13歳、12歳の4人。

母親の年齢は、なんと33歳とのことなので、16歳の時に最初の子を産んだんですねぇ。

警察がかけつけたとき、17歳の長女は前庭で撃たれて倒れており、警察が救助。病院へすぐ運ばれたものの、病院で死亡が確認されました。

SWAT が出動し、家へ突入するも、そこには残る子供3人の死体と母親の死体が。。。

どうして、一度は脱出に成功した(近所の家に助けを求めにいったとき)のに、母親の命令に従って家の中へ戻ってしまったのでしょうか。。。

早朝での出来事で、近所の人もなにがなにやらわからなかったんでしょうが、子供たちをクレイジーな母親のいる家へ戻したこと、きっと激しく後悔していることでしょう。。。

とにかく今朝起きたばかりの事件なので、無理心中の動機とかはわかっていません。でも、子供たちがこれだけ大きかったなら、道連れにしなくてもよかったのでは、と思います。

子供たちには子供たちの人生があったのに。

posted by おうちマン at 01:41| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

ウォールマートのガーデニングコーナーでつかんだものは。。。

間違ってものをつかんでしまったことってありませんか?

私にはあります!

うちの床にはダークグリーンのカーペットがひいてあるので、よく言えば汚れが目立ちにくい。悪く言えば、ごみの正体がわかりにくい。。。

そう、あれは家で掃除機をかけていた時のこと。

壁際にある糸くずのようなものが掃除機で吸い取れず、ノズルを外して吸い取ればよかったのですが、それが面倒だった私はひょいとその糸くずを拾い上げ、掃除機のかけやすい場所にほうり投げて吸い込もうとしたのです。

なんてことのない日常のはずが。。。

じつはそれは糸くずではなく、死んだでか〜〜い足長クモだったのです!!! ひょえ〜〜〜〜!!!触っちゃったよ、素手で!!!

ああ、今思い出してもぞわぞわしちゃう。

今日のニュースは私と似た(?)経験をした男性のお話。

先週土曜日のこと。場所はアイオワ州ルイストンにあるウォールマート(ディスカウントショップ)。

ウォールマートの店外に設けられたガーデニングコーナーにお買いものに来た Mica Craig さん(47歳男性)。

通路にある邪魔な棒切れをひょいと拾い上げてどかそうとしたのです。

ところが!! それは棒切れではなく、なんとガラガラヘビ!! しかも生きてる!!!

とつぜん持ち上げられたガラガラヘビは、ミカさんを攻撃! ミカさんは腕をかまれてしまいました!!

ミカさん、驚いて叫び声をあげ(そりゃ、そうだ)、ぶんぶん手を振り回したところ、ヘビは床に落下。

そこですかさず、ミカさんはヘビを足で踏んづけまくって殺したそうです(わ、ワイルド。。。)。

一部始終を見ていた目撃者が急いでミカさんを近くの救急病院へ連れて行き(ええ人や〜)、そこでミカさんは6袋分の抗毒素剤の投与を受けたそうです。

おかげで命に別状はなかったのですが、傷痕はおそらく一生残るとのこと。

おまけにめったなことでは入院させてもらえないアメリカで、なんと今週火曜日まで4日間入院する予定らしいのです。

成人男性だから命を落とさずに済んだかもしれないけど、もし子供がかまれていたら、、、大変なことになっていたと思います。

きっとこの後は訴訟になるんだろうな。。。





posted by おうちマン at 02:23| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。