2012年05月25日

高齢化社会!

カリフォルニア州バーバンクでのこと。

ニュース自体は、ありふれた(といっては失礼ですが)交通事故のもの。

でも、この交通事故がニュースになったのは、交通事故の被害者が101歳のおじいちゃんで、加害者が91歳のおばあちゃんだったから!!!

いや〜、日本も高齢化が進んでおりますが、アメリカもなかなかですねぇ。でも日本とアメリカの大きな違いは、出生率の違いですが、、、(日本は 1.3 に対して、アメリカは 2.1)。

事故が起きたのは火曜日の午後8時15分頃。

道路を横断していた Otto Jensen さん(101歳)は、あと少しで道路を渡りきる、というところでMary Beaumont さん(91歳)が運転する車にはねられてしまいました。

オットさんはすぐに病院へ運ばれたものの、死亡。

運転手のメアリーさんは、事故現場で停車したそうです。が、年齢によるものなのか、その場で逮捕されることもなく、違反切符を切られることもなく、自宅に戻ったようです。

う〜ん、それにしても91歳で夜間運転するなんて、すごいですね。うちの母、60代半ばですが、夜間と雨の日の運転は怖いといって、できるだけ避けております。

アメリカのほとんどの地域では、車を運転しないと生活が不可能なので、91歳になっても運転していたってことでしょうが。。。

車の運転ができなくなると、必然的に一人暮らし(またはお年寄りだけの暮らし)が難しくなるので、いわゆる老人ホーム(支援施設とかも)へ移られる方が多いようです。

で、そうなると、スーパーへ行くにもみんなでバスにのっていかなければいけないという、、、たまにスーパーでお買いものしていると、そういった方々に出くわしますが、自分の好きなときにお買いものにも行けないなんて、アメリカで年を取るというのは不便だなぁ。。。と思います。

posted by おうちマン at 02:09| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

行方不明の女子高生のその後

3月20日にアップしたニュースですが、覚えている方はいますかね?

サンフランシスコ近郊のモーガンヒルという場所で、3月16日の朝7時半にスクールバスに乗るため家を出た女子高生が行方不明になった事件です。 詳細は過去記事「女子高生が行方不明に」をご覧ください。

Missinggirl2.jpg
(行方不明となっている Sierra LaMar ちゃん)

15歳の Sierra LaMar ちゃんの捜索は、行方不明以降、ずっと続けられており、続報もたびたびニュースで流れていました。

そして、今朝、ついに犯人逮捕のニュースが飛び込んできたのです! 行方不明になってから2か月。

目撃者もまったくない状態から、よく逮捕までこぎつけたものだと思います。

犯人は逮捕されたものの、シエラちゃん自身はまだ発見されていません。。。警察は犯人逮捕の報告と同時に、「シエラは既に殺されていると考えられる」という見解を発表しています。。。

昔なら「神隠し」と言われたであろう、シエラちゃんの失踪。警察はどうやって犯人逮捕にこぎつけたのかというと、、

シエラちゃんが行方不明になった後、捜索活動が開始され、その後まもなく彼女の携帯電話が自宅から約1キロの地点で発見されました。

しかし、その携帯は犯人へとつながることはなく。。。

ただ、女子高生が携帯を自宅から1キロの時点に捨てて家出することは考えずらいので、犯罪に巻き込まれた説が濃厚となったのです。

その後さらなる捜索で、今度はシエラちゃんの持っていたバッグが自宅から3キロ程度のところで発見されました。

そして、そのバッグの中にはシエラちゃんの着ていた洋服がきれいに折りたたまれた状態で入っており、警察はそのバッグからある人物の DNA を検出することに成功!

ある人物とは、、、シエラちゃんと同じ町に住む21歳の男で、近所のスーパーに勤める Antolin Garcia-Torres 。

今朝の発表によると、なーんと警察は3月からこの男に目をつけており、昼夜問わず、ひそかに監視を続けていたとか!

捜査上の秘密とはいえ、やっぱ警察っていろいろ隠しているものなんですね。ボランティアや近所の人たちが手掛かりを求めて、あちこち捜索している間にも、既に犯人の目星はつけていたってことですから、、、

警察は先月の時点で、このガルシアトレスの車を押収。その車内からは、「シエラちゃんが車内にいたことを示す」物理的証拠も得られたとか。

そして、昨日警察はガルシアトレスを2時間かけて尋問。その後、シエラちゃんの誘拐と殺害容疑で逮捕に至ったのです。

最初に書いた通りシエラちゃんはまだ発見されていませんが、警察は「シエラが殺されたと推測されるのに十分な証拠」を得ているとのこと。

非常に残念な結果に終わってしまいましたね。。。でも少なくとも、犯人が逮捕されただけ、まだマシでしょうか。

ちなみに犯人とシエラちゃんに事前の面識は一切なく、たまたまシエラちゃんが狙われた偶発的犯行のようです。アメリカでよく言われるあのフレーズですね。。。「AT A WRONG PLACE AT A WRONG TIME...」。

おまけに、ガルシアトレスは過去にレイプ事件を起こしていたようで、近辺で発生したレイプ事件のうち、ガルシアトレスの犯行と思われるものが3件あるようです。

3件のうちの1つ、3年前に起きたあるレイプ事件の犯人と、ガルシアトレスの DNA が一致したことも合わせて発表されました。

過去の事件で逮捕されていれば、シエラちゃんが殺されることはなかったのに、、、

娘を持つ親として、本当に犯人に腹が立ちます!!

シエラちゃんのご遺体が早く見つかりますように。。。

posted by おうちマン at 01:39| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

画家トーマス キンケードの死因

画家のトーマスキンケードさんって知ってますか?

私は名前を聞いたことはあったけど、実際どんな絵を描く画家さんなのか知りませんでした。

ちょっとググってみたら、なんとも素敵な絵を描かれているんですね〜〜。

光の取り入れ方がとってもきれい。

picture1.jpgpicture2.jpg

日本ではジグソーパズルの図案としておなじみらしいですが、アメリカでは結構名前の知られた画家さんのようです(私でさえ聞いたことがあるくらいですから)。

Thomas Kinkade Company という会社を通し、作品を複製していろんなギャラリーで売っていたことから、アメリカの家庭の20軒に1軒はトーマス キンケイドの絵があるといわれているそうです。

そんなトーマスさん、かなり名前が知られていることからかなり年配、もしくはもう亡くなられている方なんだと、勝手に思い込んでいました。

ところが、今朝ラジオから流れてきたニュースで、「先ごろ亡くなったトーマス キンケイドの死因が判明」とか言ってるじゃないですか。

あら、まだご存命だったのね、と失礼なことを思いつつ(いや、もう亡くなっているからご存命じゃないか)、ニュースを聞いてみると、、、

死因がドラッグとアルコールの過剰摂取によるもの、と判明したとのこと。ちなみにお亡くなりになったのは4月6日のことだそうです。

ここ数年は妻との離婚問題、愛人問題、金銭問題といろいろ苦労を抱えていたようですが、、、、

なんと彼、まだ54歳の若さだったんですねぇ。

もったいない。。。マイケルジャクソンにしても、ホイットニーヒューストンにしても、どうして才能あふれる人たちが、こんな若くして亡くならなければならないのか。。。

ドラッグとアルコールの問題って、いわゆるスラム街とか、ギャングとか、犯罪者とか、そういう人たちの間だけの問題ではないんですよね。

むしろ、お金持ちの方がドラッグ買えるお金があるので、処方箋の必要な薬(鎮痛剤とか)を手に入れやすいんですよね。。。

ニュースでは、これで彼の絵の価値があがる、とか言ってたのも、なんだかむなしい気分にさせられました。。。

posted by おうちマン at 05:25| Comment(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。